Gのレコンギスタ 第一話 感想


11412001_1_1

ちょっと遅くなりましたが、9月8日よりdアニメストアさんで公開が始まった『Gのレコンギスタ』を視聴いたしました。

三話公開のうちまずは1話だけ・・・

色々書きますが結論を先に書きます。

『ガンダム好きなら観とけ!』

個人的には今時点でかなり好きです、やっぱりすごいなぁ御大は・・・。

 

 

 

 

 

まずは公式サイト様からあらすじを引用。

宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。

 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。

 R.C.1014年。
 地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、キャピタル・タワー。
 地球上のエネルギー源であるフォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすが故に神聖視された場所である。
 そのキャピタル・タワーを守護すべく組織されたキャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムは、初めての実習の最中、いずれの国の技術でもない高性能モビルスーツ、G-セルフの襲撃を受ける。
 作業用モビルスーツのレクテンで交戦したベルリはG-セルフの捕獲に成功する。
 しかし、G-セルフを操縦していたアイーダ・レイハントンを名乗る宇宙海賊の少女に何かを感じるベルリ。
 それは見たこともないはずのG-セルフに対しても同じだった。
 そして、特定条件を満たさなければ動かないはずのG-セルフをベルリは何故か起動させてしまう。

 キャピタル・タワーを襲撃する宇宙海賊とアイーダの目的、G-セルフに選ばれたベルリが辿る運命、その果てに待ち受けるリギルド・センチュリー全体を揺るがす真相。

 全てはレコンギスタの始まりに過ぎなかったのだ。

引用ココマデ。

 

大体第一話の流れをそのまま書いてくれてますね(笑)

いいんだ、内容知っててもアニメ面白かったから・・・。

 

ストーリーラインを語っても面白くないと思うんで、1話をみた感想を無軌道に記事にしていこうと思います。

 

・セリフから世界観から富野節全開

何はともあれセリフの端々を聞きながら『あぁ・・・富野監督だ・・・』と感じずにはいられない空気が漂っていました。

『~しなきゃいけないんでしょうがぁ!』

とか

『いい加減にしなさいよ!』

とか

『このまま~したらどうなるというのだ!』『想像しろ!』

みたいな。

 

この言い回しあってこその富野監督ガンダムだよね~とホッコリしながら見始めました。

 

 

ただ年を取ってみているせいか、改めてストーリーと世界観の説明とかがうまいなぁ~と感動。

思い切ってキャラクターの言葉で説明させるときもあれば、絵で見せる時もあったり。

『授業の復習』みたいな感じで世界観を説明しつつ、主人公の性格を見せてくれるので自然と主人公のキャラクターが掴めてきます。

 

・女の子可愛い!

 

仕方ないよね、だって店長男の子だもん。

→ 公式サイトのキャラクター一覧

個人的にはアイーダが好きです。

仕方ないよ、男の子だもん(繰り返し

ちなみに『想像しろ!』と相手の問答に切返したのはアイーダです。

アイーダかわいいよアイーダ。

重力が薄くなっているせいかフワフワ髪が浮いているアイーダもかわいいです。

 

・よく泣く

これは何か狙いがあるのかも知れませんが、キャラクターが良く泣いている印象。

冒頭で泣き、中盤で泣き・・・。

そのうち片方はアイーダなのでなんというかごちそう様です。

 

戦闘シーンが面白い。

アイーダばっかり見ていた訳ではないので戦闘の感想も。

良く動くのはもちろんの事、流れとかテンポがすごくいいです。

最初は作業用MSに主人公が乗り込むんですが、戦い方が考えられていました。

ですがまぁその分だけその相手が弱く見えてしまう所が何とも・・・

一機も撃墜されないMS戦っていうのも面白かったです。

 

ちなみにその弱そうに見えたMSに乗っていたのはアイーダさんですけどね!

 

他にも色々書きたい事はありますが(しれっとガンダムに乗り込むなよ主人公wwwwとか)、全体を通してこれからが非常に気になる面白いアニメでした。

 

現在Gのレコンギスタはdアニメストアで(有料の会員登録が必要ですが・・・)無料にて視聴する事ができます。

10月からアニメ放送が予定されていますが、気になる方は是非ご覧になってくださいね!

 

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です