作成代行 ホワイトグリント 組立途中 コトブキヤ


CIMG6412

お客様からご依頼いただいたホワイトグリントをグリグリを組立ております。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ。

 

パーツ数的に決して少ない訳ではありませんがそこまで絶望感は感じません。

ですが後ハメ加工などに若干頭を悩ませつつ作業を進めております。

 

 

 

CIMG6413

あんまり数はないんですが、一つだけご紹介するとコチラ。

いわゆるふとももに当たる部分で、外装であるこのパーツを通常はハメ合わせる仕様になっています。

ですがここをそのまま組んでしまうと合せ目がでてしまうので、それを消すために後ハメにします。

段落ち仕様にすることも考えましたが、やっぱりここは綺麗に消してしまいたかったので後ハメにしました。

 

その為にまずは内側のパーツを加工の為切り飛ばし。

 

CIMG6414

こんな感じですね(わかりにくくてすいません

 

ここを切り飛ばすことで上側から内部パーツを通すことが可能になります。

 

CIMG6415

こんな感じで。

しっかり保持されるので切ってもほとんど影響はありません。

それにこの部分、更に関節パーツをはめこむことになるのでなおのことです。

 

むしろ少しはめ込みが硬かったので、少し加工しています。

 

 

CIMG6416

こんな感じで関節も。

少しななめ上からポリキャップをはめ込むので、ポリキャップを変形させない為にピンをななめにカットしています。

 

CIMG6417

こんな感じになります。

 

 

 

少し短いですが、ホワイトグリントを組み立てておりますよ~!という記事でした。

いや~・・・つくりがいがあるぜ・・・!

 

 

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です