img_9562

HGIBO モビルレギンレイズ(ジュリエッタ機) サンプル素組レビュー


img_9554

なんというか、ものすごくクセのある作り。

手先などなかなか斬新な構造だと驚かされます。

そんなモビルレギンレイズさんのサンプル素組レビューです。

→パーツなどの内容紹介はコチラ

 

 

 

img_9492

img_9496

img_9497

img_9498

img_9499

img_9500

img_9501

img_9502

四方からグルリ。

グレイズによく似ていますが、改めて見ると別物だという印象。

設定画とだいぶ装甲の色が違うので、塗ってあげたい気も。

 

img_9503

img_9504

img_9505

img_9506

img_9507

img_9508

img_9509

img_9510

アップで何枚か。

 

 

img_9575

img_9577

img_9578

フレームだけで撮影。

 

img_9581

img_9582

img_9583

img_9584

img_9586

img_9587

アップで何枚か。

 

 

img_9512

続いて可動。

開脚はそこそこ、足部の可動が優秀なので接地性は非常に良いです。

img_9513

足のつけ根のロール可動。

img_9514

膝立ち美しく。

 

img_9515

あぐらも可能。

 

img_9516

膝を一杯まで曲げたところ。

 

img_9517

img_9518

足先の可動。

足首まわりで2重関節になっています。

またかかとのパーツは上下に可動し接地性をより良くすることが可能になっています。

 

img_9521

こんな面白気持ち悪い感じにも。

 

img_9524

腰のサイドアーマーは可動します。

ここすごくポロリしやすいので注意です。

 

img_9525

腰は大きくスイング可動します。

ここの接続が非常に固いので、取り付ける時はお気を付けください。

 

img_9526

img_9527

腹部にかけての上下可動。

 

img_9528

img_9529

フレームにかけての肩の可動。

img_9530

肩の装甲も動きます。

 

img_9531

肩は大きく上に。

 

img_9579

img_9580

フレーム状態で撮影。
肩部分が若干引き出せます。

 

img_9532

肘を曲げたところ。

img_9533

img_9534

img_9661

今回一番目を引くのがハンドパーツ。

ハンドは従来の物とは異なり、手首パーツと手甲パーツが一体化しており、そこに指パーツを取り付ける感じになっています。

なのでいつもとは少し可動は異なりますが、手首を上下に捻れるのが面白い。

左右のねじりは少し腕側にも可動部が用意されています。

 

 

img_9535

img_9536

img_9537

首回りの可動。

 

 

img_9538

装甲を外したところ。

img_9540

装甲位置を調節することでちょいみせ可能に。

img_9541

パーツ差し替えで指揮官機っぽく。

 

img_9542

バックパックの可動。

 

img_9544

img_9546

スラスターは上下とも可動します。

 

img_9548

ライフルの全体図。

銃身を変更したりとなかなか細かいこだわりが。

ただ銃身を取り付けるとそこがすごくポロリしやすい感じがしました。

 

 

img_9550

ツインパイル。

img_9552

ガントレット。

 

 

ポージングで何枚か。

img_9554

img_9557

 

img_9559

ツインパイルはリード線によりアンカー射出状態を再現。

img_9561

img_9563

img_9564

img_9567

ナックルガードを取り付けると手首の可動が少し難しくなる印象。

 

 

 

 

 

img_9570

ライフルやマガジンは本体に取り付け可能。

 

 

 

 

img_9573

最後にもう一枚。

グレイズに似た雰囲気を持ちながら特徴的な可動や構造をしているレギンレイズさん。

普段とは少し違う可動なので窮屈さを感じるかも知れませんがこれまでとは少し違う面白いポージングができるのではないかと思います。

 

以上、素組レビューでした!

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です