メガリザードンY ポケプラ サンプル 素組完成品 レビュー


CIMG4002

 

・・・実は東京出張前に作って展示していたり(汗

遅くなりましたがサンプルのポケモンプラモコレクション、メガリザードンYをレビュー。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ。

実はポケプラ初めてだったんですが、この子よく考えられています・・・すごい技術だ。

 

 

 

CIMG4003

CIMG4004

CIMG4005

CIMG4006

 

 

四方からグルリ。

尻尾は三か所の可動ポイントがあり、フレキシブルに可動します。

このキットのすごいなーと思ったところは作りやすさと可動の両立。

対象年齢が低いので簡単な作りにはなっていますが、その中で可動が確立できる様な工夫がされています。

おまけに生物(イラスト)的なプロポーションを崩さずに成り立っているというのは感動を覚えます。

 

CIMG4007

顔のアップ。

かなりシールは多いですが、違和感はあまり感じません。

CIMG4008

CIMG4009

口は開閉可動。

 

CIMG4010

正面から。

翼は連動しており、両方が可動し羽ばたきモーションを再現できます。

顔を真っ二つにしている分割線はご愛嬌(笑)

CIMG4013

尻尾の可動はこんな感じ。

翼には肉抜き穴がありますが、シールで隠す仕様になっています。

 

CIMG4017 CIMG4016

顔と首の可動。(ちょっと顎のはめ込みが甘かったですね・・・)

飛行モーションが取れる関係か、顔もかなり上を向いてくれます。

 

CIMG4018 CIMG4019

胴体と首の可動。

ここもぐいっと曲がってくれます。

ちょっと関節部がみえてしまいますが、そこまで違和感はありません。

CIMG4015

専用スタンド。

特殊な形をしているのはなんでかというと・・・。

CIMG4020

こういう感じに飾って飛行モーションを取れるようになっているから。

 

CIMG4021

乗せているところをアップで。

スッポリはまってくれるので接続パーツなどで固定するようにはなっていません。

 

CIMG4002

ギャオー。

 

 

バンダイさんの超技術って何もPGとかMGとか複雑な仕組みだけではなく、こういう当たり前のように不自然をなくすという点もすごいと思うのです。

何気なく簡単にできていますが、プロポーションとしての破綻もなく、可動もできる上に作成に際して難しさを感じさせない。

 

プラモに面識のない低学年の子でも楽しんで作ってもらえる様に考えられているという印象を強く感じます。

 

 

この辺は次に紹介するスターウォーズシリーズなんかでも感じられるんですよね・・・。

 

さくさく作れるいいキットです。

唯一難を言えば、翼の内側のシールが非常に大きいので綺麗に貼るには少し苦労するかも・・・・(店長は少し破っちゃいました(/ω\)

 

以上、メガリザードンYのレビューでした!

ちなみにニッパーなどの道具なしで作れる設計になってますよ!

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です