プラアクト 共通素体 可動  レビュー PLUM


P1070316

プラアクト織田のレビューを書いている途中ですが、この素体の出来のよさに感動してしまいました。

装甲がつくとここまではいかないと思いますが、プラアクトのすごさを伝えたくて記事にしてみた次第です。

よく動く関節、そして決まるポーズ。

プラアクトの面白さを、どうぞ。

 

 

P1070309

プラアクト戦03織田の素体。

これの動きがすごい!

 

P1070310

開脚前屈とかできます。

P1070312

膝立ちも余裕。

関節が多いというのもありますが、関節の保持力が非常に強いので無理目なポーズも保持させやすいです。

P1070313

腰だめの正拳突き。

P1070318

ジョジョ立ち。

P1070317

腕組み・・・のつもりがなんかラブリーなポーズに。

P1070322

片足立ちをしようとするとそのままの状態では足接地面積が少なくてバランスがとりづらいですが、足パーツを付けてやるとかなりアクロバティックなポーズも組み立て可能です。

 

P1070320

女の子座りとかも組めます。

P1070321

かめはめ波だって!

 

関節部の表現力もすごいですが、私がそれ以上にすごいと感じるところはそのポージングの保持力です。

遊び続けることの摩耗がどういう影響を及ぼすかはまだ不明ですが、このグリグリポージングできるのはすごいと思うし、何より楽しいです。

 

今は鎧系のキットが続くプラアクトシリーズですが、アクション重視系のキットが出ても面白そうですね。

 

以上、プラアクト共通素体のレビューでした。

プラアクト03:織田

 

 

.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です