N-ノーチラス号 コトブキヤ サンプル 内容紹介


CIMG5712

プラモを作ったことがない人にこそオススメしたいいいキット。

コトブキヤさんから提供いただいたサンプル、ニューノーチラス号のレビューです。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

 

 

 

CIMG5692

CIMG5693

CIMG5694

CIMG5695

 

四方からグルリ。

今回も色分けはパーツでされています。

艦橋付近のカラーは予め彩色されています。

コトブキヤさんのキットはここぞというところは最初から塗装してくれているのがうれしいですね

翼など一部設定色でないところがあるので着色したいところですが、素組のままでもかなり設定の再現がされています。

 

 

 

各所をアップで。

CIMG5703

 

モールドなどもぬかりなく細かくつくられています。

 

CIMG5705

 

砲身は別パーツになっており、可動可能。

砲台自体も可動します。

差し替えパーツにより砲門の展開、収納を再現。

CIMG5706

 

艦橋部分は彩色済み

CIMG5707

 

ファンは別パーツになっています。

 

CIMG5698

 

後部アップ。

今回ここにギミックが仕込まれており、回すと・・・。

 

CIMG5699

CIMG5700

 

各翼を展開します。

内部にネジ穴の様な構造があり、そこと連動して可動します。

なので翼をダイレクトに動かすと破損の元となるのでお気を付けください。

 

展開位置も自分でコントロールできるので面白いです。

CIMG5710

CIMG5711

 

もちろん上部の翼も連動。

 

CIMG5701

CIMG5702

 

ブルーウォーターをモチーフにした台座。

中の模様は台紙をクリアパーツと台座パーツの間に挟み込む事で再現。

 

形通りに切り取る必要性はありますが、手軽に工作可能です。

台座のアームは向き、角度などをある程度コントロールできるのでフレキシブルな展示が可能になっています。

 

 

CIMG5696

 

 

CIMG5697

 

 

 

斜めからパシャリ。

店長の勝手な印象ですが、『コトブキヤさんのキットは難しいが精密にできている』というイメージがありましたが、このノーチラス号は細かくつくられているのに作成は手軽にできるという作りになっています。

 

 

そのまま素組で作っても十分クオリティの高い出来になっておりますので、プラモを作ったことのないファンの方にもおすすめできるキットとなっております。

 

 

以上、コトブキヤ N-ノーチラス号のレビューでした!

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です