MG Hi-νガンダム ver.Ka 組立途中 レビュー その4


CIMG1856

とうとう最後の大仕事、デカールブートキャンプでございます。

内容紹介はコチラ

組立途中 その1 その2 その3

・・・すいません、今回のデカールブートキャンプはちょっとズルしています(汗

 

 

 

 

CIMG1832

デカールブートキャンプにあたり、装備を確認。

刃がないニッパーはやっぱりこういう時役に立ちますね。

切り取ったデカールをはさんだまま保持するのが非常に楽です。

 

CIMG1835

まずはシールドから。

シールドは外装が真っ白なので、全部貼るのが面倒だとしてもシールドだけは貼っておくといいかも知れません。

 

CIMG1837

CIMG1838

ライフルとバズーカ。

大きなデカールはなく、ポイントのみ。

CIMG1839

バックパック部。

中央の英字は1枚ものです。

長いもの、大きいものは微調整がしずらく破れやすいので注意です。

 

CIMG1841

ファンネルの基部。

基本左右対称です。

CIMG1843

ブースター。

赤いラインは4分割されています。

ずれるとかっこ悪いので、貼る時はガイドを書くなどして貼ると良いかも知れません。

 

CIMG1844

CIMG1845

CIMG1846

CIMG1848

パーツ全体の貼り付け途中の様子。

これといって難しい部分はありませんが、とにかく数が多い・・・(汗

 

適度に休憩を取りながら貼りましょう。

CIMG1849

ボディー全体の貼り付け終了。

デカールを貼るとだいぶ印象が変わりますね。

 

 

さて、次は一番の難易度、ファンネルのデカール貼り付けです。

ファンネルは本体と違い塗装をデカールで再現させるため、大きく作られています。

これこそシールでいいんじゃないかな~・・・と思ったんですが、厚さを考えると確かに見栄えがいいでしょう。

 

ですが一角全てをデカールで表現する為、非常に大きく位置決めも少しシビアです。

 

微調整もききにくいので慎重に・・・

 

ビリッ

アッー

 

ビリッ

アッー

 

CIMG1851

すいません店長はダメな店長です(汗

自分であれだけ気を付けようとしていたファンネルのデカールを破りに破り上げ、修復不可能に追いやってしまったのでついカッとなってエアブラシでクリアーバイオレットを塗装してしまいました。
失敗してしまった私が行っても情けないだけですが、本当に微調整が効きにくく、シワもよりやすいので貼り付けの際はお気を付けください。

CIMG1854

ただこのデカールで嬉しいところは、塗装した時に貼り付けられるマーキングデカールが用意されています。

 

塗らなくても塗っても先端のマークは用意されていますので、非常にありがたいですね。

 

CIMG1856

というわけで完成!

非常に作り甲斐があるキットでした・・・。

 

キット作成以上にデカール貼り付けが時間がかかったのはここだけの話。

ver.Kaはデカールありきのデザインになっている印象もあるので、要所要所だけでも貼っておきたいですね。

 

次回はレビューでございます。

 

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です