MG Hi-νガンダム サンプル 組立途中 その1


CIMG1779

先日バンダイ様から届いたサンプル、Hi-νガンダムを組立て参ります。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

本日は腰まで。

 

 

 

CIMG1758

まずはコクピットから。

ユニコーンに似たクリアパーツで構成されています。

パイロットはアムロさんです。

CIMG1759

そこからフレームパーツを組み合わせ。

ほとんどのパーツがそうですが、フレームの上に装甲を組み合わせていく作りになっているようです。

 

CIMG1760

装甲貼り付け。

肩関節のパーツは別構成になっており、せり出し式になっております。

CIMG1764

コックピットハッチは開閉式になっています。

CIMG1767

背面。

首パーツを後ろから差し込む形になっており、首部分にはLEDユニットを仕込めるように作られています。

CIMG1765

それに合わせて首のジョイントも透明パーツで作られています。

 

CIMG1762

ちなみに画像の様な小さな円状のパーツが多数あります。

細かいモールドもパーツ単位で表現してくれているので嬉しいですね。

CIMG1769

続いてフェイスパーツ。

Hi-νらしい横長の作り。

CIMG1770

アンテナ部分はパーツ時点で相当細く作られており、短い部分と長い部分は別パーツで組むようになっています。

 

CIMG1771

側面から

CIMG1772

続いて腕を組立。

二の腕の装甲は一個成型で作られているんですが、パーティングラインが残っているので軽く削ってやるとよいかも。

 

CIMG1773

左手。

マニピュレーターは最近のRGやMGと同じくあらかじめ成型されています。

一個のマニピュレーターだけで持ち手も握り手も平手も表現できるのはすごいですね。

技術って進化しているんだなぁ・・・。

 

CIMG1774

両腕パーツ完成。

左右非対称になっています。

右腕にはバルカン砲が内蔵。

CIMG1775

肩パーツ。

左が完成図で右がその途中。

細かい枠などは別パーツで表現されています。

CIMG1776

上半身完成。

肩の関節が大きく引き出されて可動してくれるので可動域はかなり広いです。

完成品のレビューの時に詳しく書きますが、ちょっと出過ぎなくらい出てくれます(汗

 

CIMG1777

続いて腰。

連邦マークも当然ですが別パーツで構成されています。

 

CIMG1778

腰全体。

前垂れ、後ろ垂れはボールジョイントで可動してくれます。

CIMG1779

上半身完成。

うーん、シルエットからしてかっこいい・・・!

 

次回も組立途中の様子を記事に致します。

 

ではでは!

 

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です