MG ターンX 組立途中 レビュー その1


P1090489

マニュアル通りにやっていますというのは阿呆の言う事だ!

勘弁してください御大将、MGをマニュアルなしで組めるほどまだ成長していません。

という訳で今回からMGターンXの組立記事を書いていきますよ!

内容紹介はコチラ

 

 

P1090491

今回はアルティメットシリーズ総動員で組み立てていきます。

今回陰の主役は逆刃ニッパー。

左利きでなくとも非常に使えるこの左手用。

角度によって使い分けるのがポイントです。

 

P1090492

まずは胴体から。

肩の関節が非常に独特で、最初どのパーツかわからなかったのは内緒です(笑)

 

P1090493

ターンXの特長であるXマークはシールで再現。

P1090494

 

P1090495

そのうえからスモーク気味のクリアパーツをかぶせて組み立てます。

クリアパーツの影響で反射がとてもきれいな仕上がりに。

P1090496

Xトップ。

分かりづらくて恐縮ですが、カメラアイに当たる部分にはクリアパーツがあり、シールで『目あり』『目なし』のどちらかを選択できるようになっています。

店長的には『目なし』がいいなとおもっていたのですが、せっかくのクリアパーツをシールで潰すのも忍びないのでパーツを黒で塗装して再現しておきました。

P1090505

説明書を詳しく読むまで何のパーツかピンとこなかった肩パーツ。

プラモを組むほどにわかってくるターンXというキットの特徴的なフォルム・・・やっぱりよく考えられてるなぁ。

P1090500

外装を装着。

右の一段へこんだところにはクリアパーツが仕組まれています。

 

P1090499

右上腕部作成。

肩のパーツと合わせて球体の関節になります。

P1090501

溶断破砕マニュピレーター。

ここは特に細かく作られているイメージ。

一段下がったところはクリアパーツ。

P1090502

思いっきり開きます。

爪ももちろん可動!

シャイングフィンガーだ!

P1090504

全体完成。

P1090503

角度を変えて。

この段差が実にXっぽい。

しかしこう見るとなんか甲殻類みたいですね。

 

P1090507

左手。

ターンXは左右非対称でデザインされており、通常のマニュピレーターは左手しかありません。

MGらしい親指の作りになっています。

 

P1090508

上半身完成!

だいぶ形になってまいりました。

 

次回は下半身の作成を記事にしてまいります。

下半身作ってみて改めて感じましたが、本当特長的なデザインしていたんですね、ターンXって・・・。

実に面白い!

 

では、今回はこの辺で~

 

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です