MG サザビー ver.Ka 組立依頼 内容紹介 


CIMG1946

実は入院中にこんな大物も作ってました・・・。

いやー・・・ものすごい強敵でしたよ。

ちなみにこれを作っている時にナイチンゲールのサンプルが届いて

『よっしゃ2体ならべて写真撮れる!』

と内心ガッツポーズしました。

やっぱりいいですよねサザビー・・・かっこいい。

 

 

 

CIMG1931

CIMG1928

CIMG1919

CIMG1921

CIMG1922

CIMG1924

 

まずは赤系のパーツから・・・。

いつもならAパーツ、Bパーツと紹介して行くところなんですが・・・すいません。 安全確保の為作業終了と同時に店舗に格納してしまっています。

パーツの多さは大きさなどの雰囲気をお楽しみください。

 

入院前にver.KaのHi-νを作成し、その直後くらいにこのサザビーを産みたてた訳ですが・・・。

このシリーズ、やっぱり歯ごたえが強いですね。

以前からMGに苦手意識をお持ちのお客さんに『大丈夫!MGだってHGだってそんなに難しくないよ!』といい笑顔でいつもお話しするんですが・・・やっぱり難易度は高いですね。

けれど『難しい』と『できない』は別ベクトルの話ですから、説明書を片手に一個一個着実に組んで行けば完成するってもんですよ。

そういうつもりでアルティメットニッパー片手にパチパチやりました。

 

おっと脱線。

赤系のパーツはサザビーを象徴するともいえるパーツ。

ただ赤なだけではなく、赤系も2種類のパーツに分けられています。

色分けはもちろんのこと、組むだけで色の深みがパーツで表現されているのはさすがですね。

 

CIMG1917

 

 

CIMG1916

CIMG1933

CIMG1934

CIMG1942

CIMG1940

CIMG1938

CIMG1937

CIMG1943

CIMG1912

 

黒、グレー系。

こちらは主にフレーム等のパーツですね。

すごいのはアルミフレーム調のパーツがある事。

これがあるおかげで金属感がぐっと引き立ちます。

CIMG1914

黄色パーツ。

元々設定サイズが大きいというのもあるのか、このキットは細かな井色分けでもパーツで色分けしてくれています。

その最たるものがバーニア、外側と内側の色をキチンとパーツ単位でわけているのです。

これがまた最高にめんどうくさい格好が引き立ち、完成度をより高めてくれるのです。

CIMG1935

CIMG1932

 

クリアパーツ。

ライトグリーンのパーツはサーベル刃などで、少し軟質の素材になっています。

 

CIMG1945

シールと、水転写デカール。

このシール、HGなどに使われるキラキラのホイルシールと違い、少し伸縮性をもった強めの素材でできています。

 

水転写についてはより綺麗に貼る為退院してからの作業になります。

 

CIMG1946

 

説明書。

うーん、かっこいいなぁ・・・。

ver.Kaのデザインなどは淡い独特の処理がされていて、グッときちゃいますね。

 

 

 

以上で内容の紹介を終了いたします。

無印のMGサザビーとは全く印象の違う(発売日に10年近い差があるから仕方ないんですが)ver.Ka・・・。

 

その組立の面白さを次回からお楽しみくださいませ!

 

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です