MG ガンダムダブルエックス サンプル 素組完成品 レビュー


CIMG9670

 

ツインサテライトキャノン、行けー!

という訳で完成いたしました、MGガンダムダブルエックスのサンプルでございます。

ギミックも細かく、安定性もかなりよい素敵キット!

待ってた甲斐があったぜみんな・・・。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

画像多めなので少しコメント少なめかもです。

 

 

 

CIMG9593

CIMG9594

CIMG9597

CIMG9599

CIMG9600

CIMG9601

CIMG9602

CIMG9603

 

四方からグルリ。

リフレクターの大きさも相まって圧巻のボリュームです。

 

CIMG9615

CIMG9616

CIMG9617

CIMG9614

 

リフレクターなしで四方からグルリ。

・・・バックパックの一部を開けっ放しにしているのは御愛嬌(/ω\)

 

CIMG9604

 

アンテナ部、割合シャープでいい感じ。

頬に当たる突起部は別パーツ構成になっています。

もちろん内部パーツは別パーツですよ!

CIMG9605

 

腕周り。

ツインサテライトキャノン展開時にはもちろん手甲は展開します。

 

 

CIMG9606

 

足回り。

アクセントのイエローをきちんとパーツ分けしてくれているのが非常に嬉しい。

CIMG9607

 

腹部周り。

腹部は前傾、後傾は勿論のこと、(少しきついですが)左右へのポージングも可能になっています。

その辺はあとの画像で。

CIMG9703

 

コックピットハッチは開閉します(重要

オミットなんかされていません、オミットなんかされていません。

大事な事なので2回言いました。

 

 

CIMG9608

 

 

リフレクターは差し替えなしの完全変形。

かつ形も崩していない、いいギミックになっています。

CIMG9609

 

少し角度を変えて。

CIMG9610

 

腰回り背面など。

腰側面についているパーツはビームサーベルの柄となっています。

 

 

各部綺麗なプロポーションでデザインされていてウットルィ・・・。

 

CIMG9618

続いて可動。

二重関節の膝はばっちり曲がってくれます。

 

CIMG9619

加えてこのバランス。(ちょっとぶれててすいません・・・

背中の長物をしょったままでも片足立ちができるのはすごい!

 

CIMG9620

股関節の可動も良く、開脚もかなり広く行えます。

 

CIMG9621

膝立ちも楽勝。

 

CIMG9622

続いて上半身。

肩周りの引き出し可動が広く、大きなポージングができます。

肩アーマーも可動してくれるので、引き出した部位をある程度綺麗に見せられるのも素敵。

 

CIMG9623

ちょっと上から、思い切り前面に可動させてみたところ。

 

CIMG9624

ちょっと肩アーマー位置を調整。

 

CIMG9625

腕を上部に。

 

CIMG9626

背中に手を回す感じにも。

 

CIMG9627

CIMG9628

 

CIMG9630

 

ハンドパーツは3種6個(厳密にはもう一つ右手用のパーツがありますが、説明書的には使用しない仕様になっています。

四指パーツを差し替えてハンドパーツを変更する仕様です。

 

CIMG9632

CIMG9634

 

(ちょっと分かりにくいですが)腹部の前傾範囲。

 

CIMG9684

CIMG9685

 

(個人的なイメージですが)少し腹部を上部に引っ張ってやることで可動部が広くなり、腹部をねじったような可動が可能になるようです。

 

 

CIMG9636

CIMG9637

首の可動はこんな感じです。

 

 

CIMG9638

CIMG9639

 

 

リヤスカートは可動式。

 

 

CIMG9641

 

CIMG9640

 

バックパックはスライドさせることでジョイントが露出します。

CIMG9677

 

CIMG9683

 

 

ハイパービームソード刃はエフェクト色の強い少し太めの形になっています。

CIMG9675

 

CIMG9676

 

柄側はこのような形に。

分解をさせなくても(ハンドパーツは分解させる必要はあるんですが)持たせることは可能です。

 

 

 

 

CIMG9642

CIMG9644

CIMG9645

 

ライフル。

キチンと色分けがパーツ単位でなされており、合せ目などもほとんどありません。

センサー部はシール処理をしていますが、パーツ自体はクリアーパーツとなっています。

 

 

CIMG9648

CIMG9649

CIMG9651

シールドは取り付け部がフレキシブルに動くほか、ハンドパーツで固定できる様にもなっています。

色分けももちろんパーツ単位です。

 

 

 

 

CIMG9652

CIMG9654

 

両腕、両足にはプレートの可動が仕込まれております。

ここはゴールド系に塗装してしまいたいところですね。

 

CIMG9655

CIMG9656

 

肩アーマーにはセンサーが仕組まれており、延長ギミックがあります。

 

CIMG9658

そしてサテライトキャノン。

こちらにも延長ギミックが仕組まれており、延長した部分が可動するようになっているので位置調整もしやすくなっています。

 

 

CIMG9659

センサーと位置を合わせたところ。

ことのほかがっちりかみ合うので嬉しい。

 

 

CIMG9660

CIMG9661

リフレクター部の可動。

下側を展開し、そこから中央のリフレクターを展開させ、固定部に固定する形になっています。

 

ちなみにリフレクター部はパーツの内側にミラーシートを挟み込み、クリアパーツを被せる仕様に。

ダブルエックスを象徴するパーツなだけあって、非常に綺麗な作りになっています。

ちなみに見えなくなってしまう内側はハニカム構造になっています。

 

CIMG9673

ちょっと外側にハニカム状のヒケがでてしまうのが残念。

とはいえそこまで深いものでない(個体差はあるでしょうが)ので、軽く処理してやれば目立たなくなると思います。

・・・画像にしてみましたがほとんど目立ってませんね(‘ω’)

 

CIMG9662

月が見えた!

という訳でツインサテライトキャノン展開状態でございます。

うーん、圧巻!

 

CIMG9664

CIMG9665

CIMG9666

CIMG9667

CIMG9668

様々な角度から。

CIMG9669

マイクロウェーブ、来る!

 

CIMG9686

一斉射をイメージ。

 

 

ギミックもプロポーションを崩さず、ダブルエックスの雰囲気を存分に再現してくれているこのキット。

パーツのポロリなどもほとんど気にならない作りで、いじっていてストレスをあまり感じませんでした。

 

やはり(スペースは食いますが)ツインサテライトキャノン展開状態で展示しておきたい!そんな美しいキットです。

 

 

 

以上!MGガンダムダブルエックスの素組完成品レビューでした!

 

,


「MG ガンダムダブルエックス サンプル 素組完成品 レビュー」への4件のフィードバック

  1. レビューお疲れ様です。
    15年目の亡霊がついに来たか・・・
    画像を見る限りサテライトキャノンの重みで背中がそることもなさそうですね!
    来週が待ち遠しい(´ω`*)

  2. カトック・・・!

    コメントありがとうございます!
    腹部の可動調整をしておけばサテライトキャノンの重さに負けることはほとんどない仕様になっているようです。
    いいキットですよ!お楽しみに(*’▽’)

  3. かめはめ波か同じガンダム系なら石破天驚拳か出そうなポージングですね(笑)で ラブラブは再現できますか。

  4. コメントありがとうございます!
    結構色々なポーズができるんですよね・・・ラブラブはそういえば検証してない!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です