MG ガンダムエクシアダークマター 素組完成品 レビュー


CIMG8415

うむ、いかつい。

という訳でMGエクシアダークマターの素組レビューです。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

さすがのMG、HGの時にあった残念な点はほぼ解消されていました。

パーツはかなりがっちり固定されてくれます。

 

 

 

CIMG8380

CIMG8387

CIMG8386

CIMG8385

CIMG8384

CIMG8383

CIMG8382

CIMG8381

 

 

 

四方からグルリ。

元はMGのエクシアですが、ブースターの影響もあってものすごくマッシブに感じられます。

パーツはHGBFの時に比べて外れにくくなっているので飾る時のストレスは少なかったです。

やはりブースターが重いので自立させるのは少しコツがいる感じ。

 

 

CIMG8388

顔辺りをアップで。

詳細が作りこまれている影響もあってか、禍々しい顔立ちに。

カメラアイはシールを貼っていますが、クリアパーツで作られています。

エクシアと同じくLEDを仕込める仕様になっているのでカメラアイを光らせることも可能です。

※紛らわしくてすいません、正確には『エクシアと同じく胸部にLEDが仕込める仕様になっており、頭部のジョイントがクリアパーツになっているのでカメラアイを発光させることが可能』でした。

コメントで教えてくれた方、ありがとうございます。

次から詳しく説明させていただきます(/ω\)

 

 

 

 

CIMG8413

 

マスクを外したところ。

HGBFの時と違い付け外しが容易になっています。

 

 

 

CIMG8414

 

外したところのアップ。

スキマにはめるだけなのでお手軽です。

 

 

CIMG8390

腹回り。

パーツでの色分けもかなり精巧です。

 

CIMG8398

 

コックピットももちろん開閉します。

中が見えないですが、メイジンが座っています。

 

CIMG8391

このとげとげしさがいいですね。

 

CIMG8392

 

翼側をアップで。

一部はホイルシールですが、パーツ分けが細かい。

 

CIMG8393

CIMG8394

CIMG8395

 

背中のアップ。

GNドライブを単品で取り付けることも可能です。

クローアームは可動。

 

CIMG8397

背中側はLEDを仕込めるように空洞になっています。

 

CIMG8396

クリアパーツ。

足だけではありませんが、ホイルシール→クリアパーツ→クリアパーツという3重構造になっています。

いやー細かい。

 

 

CIMG8408

CIMG8409

CIMG8412

 

ダークマターライフル。

持たせるときに少しつけにくさを感じましたが、保持自体は良好。

良く動いてくれます。

CIMG8410

銃口は別パーツなど、細かく作られています。

 

CIMG8411

ハンドパーツは1種類ですが可動式。

固定ピンがあるのでパーツの保持は良好です。

 

CIMG8415

プロミネンスブレイド(←)とプライニクルブレイド(→)

きっちり尖ってますね。

プライニクルブレイドの方もキチっと作ってくださっている印象。

少し重いのでポージングさせっ放しはしんどいかも知れません。

CIMG8416

少し角度を変えて。

このクリアオレンジのパーツが実に綺麗。

 

CIMG8417

アップで。

柄にクリアパーツをキチンと使ってい暮れているのが嬉しい。

 

CIMG8419

柄の爪の部分は可動します。

 

CIMG8422

うむ、フレームに入り切らない!(笑)

 

CIMG8423

プライニクルブレイドの方をアップで。

 

両剣とも腰にマウントできますが、HGの時と違いこちらもがっちり保持してくれます。

本当に以前の様なパーツポロリのストレスが少ないのが嬉しい。

 

CIMG8425

ダークマターブレイド。

保持用のピンなどはありませんがガシっと保持してくれます。

 

なのでアクションポーズも決まってくれますね。

CIMG8427

 

 

 

CIMG8400 CIMG8401

CIMG8402

CIMG8403

CIMG8404

 

なんかものすごくかわいいダークマターブースター。

ヴレイブの時もそうでしたが、こういう動物っぽいブースターが好きなんでしょうねメイジン。

さすがMG、色分けも可動もHGの時とは段違いにいいです。

 

 

 

CIMG8405

顔(?)アップ。

四ツ目にはシールで再現。

 

 

 

CIMG8406

上部。

グレーの筒が首の可動に連動し延長、本体との接続ピンになります。

 

CIMG8429

武器一覧。

エクシアのGNソードなども作成可能になっています。

CIMG8424

最後は操られている風に。

 

 

久しぶりのビルドファイターズ系のMGで、しかもダークマターだったのでどんな感じになるのか気になっていましたが非常に良いキットだと感じました。

 

元のエクシア自体足が小さいという事もあり、ちょっと自立はしんどいですがそれでも十分立たせておくのは可能。

 

ランナー表記などにアメイジングをにおわせる表記があったので、今からアメイジングの登場が期待できますね。

 

あと余談ですが

 

CIMG8430

今回のあまりパーツ。

エクシアだけでなエクシアリペアのパーツも使われていましたね。

コメントで教えていただきましたが、さすがにエクシアリペアは再現できないようになっている模様。

うーん、ミキシングのパーツ取りが楽しみだぜ!(笑)

 

以上、エクシアダークマターのレビューでした!

 

,


「MG ガンダムエクシアダークマター 素組完成品 レビュー」への2件のフィードバック

  1. 突然失礼しますが・・・
    元キットのMGエクシアには頭部発光ギミックはありませんよ
    胴体のフレームがごっそり新規パーツです。

  2. コメントありがとうございます。
    説明不足の誤解を招くような記事ですいません、訂正させていただきました。

    ご指摘感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です