HGUC フルアーマーユニコーン(D)組立途中 レビュー その4


P1080528

今回で組立レビューも終了です。

内容物紹介はコチラ

組立途中レビューその1はコチラ

組立途中レビューその2はコチラ

組立途中レビューその3はコチラ

 

 

 

長かったHGUCフルコーンの組立も今回が最後となります。

いや~・・・なんて歯ごたえのあるキットだろう。

前回仮組が終わったので、ここからはスミ入れです。

スミ入れなんて楽勝さ~!とか思っていたんですが・・・

P1080514

まずは脚から。

そのままスミを入れようとするとメリハリがきかないので、ケガキ針で谷間になっているところを軽く撫で、モールドを際立たせます。

P1080515

スミ入れ前、スミ入れ後。

あんまり自己主張されても困るので、そのあたりを意識しながら。

P1080517

ついでにスミ入れの流れなんかを・・・

割と我流なので若干恐縮ですが。

まずモールドに併せてザックリスミを入れます。

はみだしてもいいので、塗り忘れないように。

P1080519

そこをコピックの0番で撫でてやります。

はみ出したのを拭くというよりは、モールドをそのままなぞる感じ。

P1080520

そして最後に綿棒で拭いてやる。

そうすると線が悪目立ちせずに残ってくれるような気がします。

・・・この作業を全部の部分に行ったので、通常の三倍くらい時間がかかったような気がします。

P1080522

足の裏は薄めのブラウンで面を塗った後、綿棒で余計な部分をふきとりました。

P1080523

背中にもスミ入れ。

・・・まぁ早々観察されることはないですけど。

 

P1080525

本体のスミ入れ完成。

やっぱりスミ入れをすると印象が変わりますね。

P1080524

続いてシールド。

交換用併せて4枚あります・・・。

今回これが一番めんどうだったかも知れません。

やることはさっきと一緒。

P1080527

裏側は足裏と同じように薄く塗ってふき取り。真っ白じゃさみしいですからね。

 

各種兵装についてはウォッシング処理にて塗装。

・・・画像を取り忘れたので詳細については完成品レビューで!(汗

P1080532

大型ブースターについては塗装を実施。

ガイド替わりにシールを貼って、その周りをマスキングで固めてシールだけを剥がします。

 

・・・ここまでやっても漏れるんですけどね!(涙

 

P1080528

そして全てのスミ入れを終わらせて、仕上げにトップコート!

サイコフレームと分ける必要あるので、結局バラバラにしなおしました。

もしトップコートの艶をサイコフレームと装甲で買えるのなら、サイコフレームだけでも先に吹いておいた方が良いと思います。

それでもマスキング処理は相当必要になってきますが・・・(汗

P1080562

そして完成!

都合三回くらい組み立てなおした気がしますが、それはきっと気のせいです。

 

HGと言いながらMG以上のボリュームがあるフルコーン。

個人的にはMGユニコーンより歯ごたえがありました。

 

次回は完成品レビューをいたします!

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です