HGUC ネオジオング 組立途中 レビュー その4


CIMG0441

今回とうとうクライマックス。

HGUCネオジオングの組立レビューです。

内容紹介 その1  その2

組立途中 その1 その2 その3

今回はシナンジュメインなので軽めに行きますよ~

 

 

 

 

 

 

CIMG0414

前回の時点でアーマー部分は組み立てましたので、次はシナンジュを組み立てていきます。

 

やっぱり袖付きMSはシールが多いですね・・・。

貼るのになかなか神経を使います。

 

CIMG0416

同じく袖。

シールでも貼った後爪楊枝、綿棒などで圧着させてやると綺麗になります。

 

CIMG0419

下半身。

シール貼る前と貼った後。

一つのシールに見えますが実は8枚くらい貼っています。

細いんですよ・・・袖。

 

CIMG0423

膝アーマー取り付け。

実は結構スキマが目立つ感じです。

 

CIMG0424

続いて腰アーマー。

このキット、パーツとシールを付けた後・・・

CIMG0425

バツン!と真っ二つに切断。

(説明書にこうするように指示されています)

キレイに切れるのはアルティメットニッパーならではですね。

 

CIMG0427

CIMG0431

シナンジュ本体完成です。

説明書ではプロペラントタンクは最後のページに申し訳程度に組立が指示されていますが、一緒に組立。

 

そして今回追加された新装備、バズーカ。

ちゃんと2丁用意してくれているのは嬉しい

CIMG0435

細かいパーツも多く、非常に凝った作りですが基本的にモナカで作られています。

色分けなどもされていないので部分塗装した方がグッと雰囲気がよくなりますよ。

 

CIMG0436

完成済みバズーカと未組立のランナー。

このランナー1枚でバズーカを組み立てられます。

ランナー名は『ネオジオング』となっていますよ。

 

 

 

CIMG0440

という訳で完成!

ネオジオングに詰められた全てのパーツを組み立てました(余剰分除く)

 

想像以上に大きいパーツだったので組立スペースの確保に苦労はしましたが、作業自体はそんなに難しくありませんでした。

むしろ大きい分組立てに迷う事も少ないので非常に楽しく組めるネオジオング。

むしろシナンジュを組む方がむずかしさ的には上かも知れませんね。

 

ちなみに

CIMG0511

全部組むとこれぐらいのゲートが出るので、処理するようの箱を用意して組み立てた方が良いですよ(‘Д’)!

 

という訳で次回はキットのレビューをさせていただきます。

 

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です