HGCC ターンエーガンダム 素組 レビュー


P1070196

アルティメットニッパー1本勝負で作成した素組ターンエーの紹介。

ターンエー特有のラインを表現している良キット。

可動は気になりますが、見事なプロポーションです。

スミ入れなしでもこのかっこよさ・・・あなどれない。

今日はそんなHGCCターンエーの紹介です。

 

 

P1070197

まずは正面から

P1070198

 

P1070200

側面。

足のラインが素敵。

 

P1070199

背面。

特徴的なパーツも綺麗に再現。

 

P1070202

P1070201

アップで。

素組ではありますが、お髭のふくらみだけは許せなくてカットしちゃいました。

 

ターンエーはこうしてみると本当にモールドが多いですね。

スミ入れするだけで印象がガラッと変わる感じがします。

 

P1070203

背面のアップ。

 

P1070204

背面脚部のアップ。

P1070161

後ろのパーツは画像の様に一体型になっているので、組むのにストレスもありませんでした。

 

P1070206

膝立ちはちょっと硬くて難しい感じ。

 

P1070207

ただ、後ろへは柔らかいようなのでこんな奇天烈なポーズも可能です。

P1070208

前屈。

P1070209

肩の可動。

可動域自体は広いんですが、肩アーマーの前側が後部と干渉して、通常のままだとこれ以上上がりません。

P1070211

 

なのでもし飾る時に肩を上げようとするなら

 

P1070212

肩の後ろアーマーを外して

P1070213

前側にするだけで(一応)可動域が広がります。

パーツを外して保持することになるので、本来の姿じゃないのがアレですが・・・

肩アーマーの後ろパーツははめ込み式になっているので、外すこと自体はそんなに難しくありません。

 

P1070217

 

P1070218

胸部、背部の解放はパーツ差し替えで再現。

さすがに色分けはされていませんでした。

 

P1070222

 

P1070223

シールド、ライフルは背中にマウントできます。

 

P1070221

サーベル抜刀二刀流。

個人的にはサーベルはもっと細くしてくれたらうれしかった・・・(汗

 

P1070224

という訳で、HGCCターンエーの素組レビューでした。

部分部分で見る『こうしてほしかったなぁ・・・』と思うところはありましたが、ポーズの付け方、プロポーション等は非常にターンエーらしい素敵な出来でした。

特にお気に入りはヒゲの長さと角度です。

あの緩やかなカーブは最高でした。

 

しばらくは店頭に飾って素組でお客様に触って楽しんでもらおうと思いますが、時期が過ぎたら他の作業もしていく予定です。

 

ではでは!

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です