HGBF ガンダムエクシアダークマター 素組 レビュー


P1070768

前回の続き、ガンダムエクシアダークマターの素組レビューです。

禍々しいデザインで、ザ・悪役!というエクマタさん。

ランナーの段階では色に不安だったんですが、組立てみるとしっくりくるいい感じのキットでした。

ですが、このキット、個人的にちょっと気になるところがあって・・・

 

 

 

P1070752

P1070756

P1070753

P1070755

 

恒例の四方から撮影。

黒と赤で構成されています。

そのままだと腕のダボ穴が少し気になりますね。

 

P1070769

ハンドパーツは全部で3種類。

握り手の角度のあるものとないもの、左手の開手です。

P1070748

ダークマターブースター。

2色成形なので幾分か設定に忠実。

けれど設定通りにするなら部分塗装が必要です。

接続自体はゆるくないので、保持は良好。

ブースター自体は、ですが・・・。

P1070757

アップで。

P1070770

顔は2種類から選択。

交換する場合は頭部をほぼばらさなければいけないので注意してください。

P1070763

劇中イメージっぽく。

P1070766

ダークマターライフルinビームサーベル。

サーベルの刃は2つありますが、柄となるパーツはこのライフルしかないため1つは余剰パーツとなります。

 

P1070761

プロミネンスソードとブライニクルソード。

プロミネンスはクリアパーツでこだわりをかんじるのですが、ブライニクルソードは本来氷の刃のはずなのにグレー一色・・・。

 

多分これは『君の手でブレイクニクルソードを完成させるんだ!』という名人からのメッセージだと思います(笑)

 

P1070765

背中のウィングパーツは取り外してダークマターブレイドとして装備できます。

 

・・・ただ、角度付の握り手だとものすごく保持力が弱く、するりと零れ落ちてしまいました。

 

今回のエクシアダークマターの残念なところ、それはパーツ全体の保持力です。

 

脇腹の紫部分もよく取れますし、何よりダークマターブースターと本体をつないでいるパーツの接続保持力が非常に弱いです。

普通に飾っていても気づいたら外れているレベル。

接着固定をしてしまえば何の問題もないんですが、スナップフィットとしてはちょっと残念。

 

他にもポーズをとるたびにどこかしらパーツが外れてしまうので、多少のストレスは伴ってしまいます。

 

キットとしては中二心をくすぐるカラーリングやアイテムなので大好きなのですが、その点はちょっと残念でしたね。

 

とはいえその辺は接着である程度解消する問題なので、大したことではないと思いますが・・・。

 

 

という訳でガンダムエクシアダークマターのレビューでした!

 

,

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です