HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア 素組 レビュー


CIMG7000

 

メイジン、降臨。

という訳で僕らの青春でありメイジンカワグチの逸品、アメイジングレッドウォーリアの素組完成品のレビューです。

→パーツなどの内容紹介はコチラ

→紅ウェポンのパーツ紹介はコチラ

紅ウェポンの内容はこのキットの武器セットとほぼ同じものになっていますので併せてご紹介させていただきます。

 

 

 

CIMG7011

CIMG6961

CIMG6959

CIMG6960

 

四方からグルリ。

今回のレッドウォーリアのキットでまず感動したのはデザイン。

レッドウォーリアがキット化という時点で既に感涙の嵐なんですが、このデザイン自体が本家のプラモ狂四郎を大事にされていると感じたのです。

現代風にスラッとはしていますが、モールドなども極力抑えられてシンプルにまとまっており、シルエットはコミックで観たあのレッドウォーリアを想起させてくれます(個人的な印象ですが)

 

 

CIMG6962

バックの装備を外したところ。

スッキリとしたバックパックになっています。

CIMG6963

CIMG6964

アップで。

少しカメラアイが大きめな印象。

 

CIMG6965

盾アップ。

当時この小さい盾をどう作って良いものか悩んだ末に挫折したという苦い小学生の頃の思い出があります。

 

CIMG6966

CIMG6967

CIMG6968

 

肩のバーニア。

向きを後ろに変えられるだけでなく上下にも可動させることができます。

組立の際前後を間違えて組む事がありますのでご注意。

CIMG6969

肩の可動。

ポロリも少なく、それなりに上に動いてくれるのでダイナミックなポーズが取れそうです。

 

CIMG6972

CIMG6973

 

 

腰の可動。

わずかですが前後にスイングしてくれます。

左右の回転はバッチリ動いてくれます。

 

CIMG6974

開脚。

ダイナミック可動!

 

CIMG6975

膝立ちも楽勝。

 

CIMG6976

足首の可動。

 

ボールジョイントになっているので内にも外にも動くので接地性が高くなっています。

 

全体的に元々のデザインがシンプルなのもあってか、可動に干渉する部分が少なく、かなりグリグリ動いてくれます。

少しだけ可動の狭さを感じたのは首回り・・・顎を引いたポーズを取らせるのがちょっと難しいです。

首回りの装甲と首が当たっちゃうので、首を延長させてあげることができれば見栄えが変わりそう。

 

CIMG6979

胸部分の黄色パーツは裏表を変えることでミサイルハッチのオープン状態を再現するようになっています。

 

CIMG6980

腰部分は装甲を下にずらして組み替えることでミサイルハッチ展開状態を再現。

 

CIMG6981

ハンドパーツは2種4個。

開き手パーツが欲しかったのは正直な本音です(/ω\)

 

CIMG6982 CIMG6983

サーベルの刃部は2種4本。

サーベル展開パーツは1種類なので刃部が余ってしまいます。

 

CIMG6984

レッドウォーリアの象徴的装備、ハイパーバズーカ。

背中のアームで可動展開させることが可能になっており、アームにつけたまま持たせることができます。

ハンドパーツを分解せずに差し込みだけで持たせることができるのも魅力。

これはどの武器でも同じです。

 

CIMG6993

CIMG6994

 

ちょっとわかりずらいですが、バズーカの砲身は延長します。

CIMG6987

紅ウェポン武器一覧。

 

CIMG6988

ハイパーバズーカ。

紅ウェポンについてくるバズーカの場合、サイトのシールはついてきません。

CIMG6989

ハンドガンとガンブレイド(ロング・ショート)

ハンドガンにガンブレイドを装着させることが可能になっています。

 

CIMG6986

ちなみにアームに装着させたまま握らせることも可能です。

 

CIMG6990

ビームライフル乙とビームライフル甲、ビームガトリング。

 

CIMG6998

フル装備!

アームに装備も手に持たせることもできるのでこんな感じにさせることが可能です。

武器特化で機動力を上げ装甲を削る・・・、コンセプトはケンプファーっぽいですね、いまさらですが。

 

 

CIMG6992

SKマーク、ちゃんとコミック設定の位置に貼り付けるようにしてくれているのは嬉しいですね。

CIMG7008

ガワラ立ちをイメージ。

CIMG7002

大張先生をイメージして1枚。

CIMG7000

そして劇中のあのシーンをイメージ!

効用:枯れた花が咲く。

 

CIMG7001

もっと光らせてみた!

 

開き手はビルドバーニングから拝借いたしました(笑)

 

 

 

CIMG6956

最後はお気に入りの1枚から。

バズーカのマウント位置、箱などの画像より少し高めにしていますが、コミックだとむしろこれぐらいだった気がするんですよね・・・(うろ覚え

 

去年のZIIの時もそうですが、まずこのMSがキット化するなんて本当に夢のようです。

それだけでも感涙なのに、キットの作り自体も非常に出典をリスペクトされたデザインになっています。

 

ビルドファイターズはもちろんの事、あの頃夢中になってプラモを作ったkじゃつての少年たちにも是非作ってもらいたい逸品となっていますよ!

 

 

以上、ガンダムアメイジングレッドウォーリアの素組レビューでした!

 

,

 


「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア 素組 レビュー」への2件のフィードバック

  1. ビルドファイターズの大先輩ですからオマージュもありかと思います。版権さえ 許してもらえるなら狂四郎も出演可能なんですが…ここは妄想であの言葉を叫ばせていただきます。 プラモシミュレーションGO-!!

  2. プラモシミュレーターGOー!
    コメントありがとうございます!まさかこんな日が来るとは思いませんでした・・・プラモ狂四郎バンザイ!|д゚)
    OVAとかで夢の競演とかないですかね・・・妄想広がるなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です