HGAW ガンダムエアマスター 素組完成 レビュー


CIMG1316

素組で完成しましたのでレビューいたします。

HGAWガンダムエアマスター

内容紹介はコチラ

組立途中はコチラ

 

なかなか全ては揃わないもので・・・

 

 

CIMG1301

CIMG1302

CIMG1304

CIMG1303

四方からグルリ。

プロポーションはかなりいい感じ。

パーツのポロリなどもあまりないのでストレスは少ないです。

ただ、たくさんの人が話題にされていますが色が補完できていない部分が多いです・・・。

シールが少なかったので期待したのですが、まさかあっさり色を入れないという手段にでるとは・・・。

 

そのままだとちょっと物足りないので、部分塗装を行うとよいでしょう。

CIMG1305

脅威の足可動。

この可動を何故シュツルムガルスでやってくれなかった・・・!

上下左右に動いてくれるのでポーズがつけやすいです。

 

CIMG1306

CIMG1307

肘の可動も大きいです。

ターンエーの様に肩がアーマーに干渉するという事もないので動かしやすくできています。

CIMG1316

腰もボールジョイントかつ2重関節になっているので上下左右によく動いてくれます。

ただ個体によって腰の関節の接続が非常に固い場合があるようなので硬く感じたらヤスリで削ってしまうのが吉。

 

 

CIMG1308

 

装備状態。

ライフルは設定通り腰にマウントできます。

CIMG1309

握り手は1種類のみですが、ライフル用の握り手を兼ねているのでおさまりがいいです。

 

もちろんライフルはモナカ(笑)

 

CIMG1310

今回のがっかり大将、ミサイルパーツ。

真っ白・・・、真っ白か・・・。

おまけにこのミサイルをジョイントさせる部分ががっつり目立っちゃうので外すに外せない・・・。

 

このミサイルをうまく処理するのが完成度を上げるヤマだと感じます。

 

 

 

CIMG1311

CIMG1313

CIMG1314

続いて変形。

一部差し替えの変形でありますが、変形機構がキチンとついていてくれています。

 

CIMG1315

裏側。

首は取り外し式になっています。

 

 

 

可動、プロポーションともに非常に出来がいいと感じましたが、色分けだけに若干不満が残るこのキット。

けれど逆に言えば塗装をすれば強烈に映えると思うので、練習がてら塗ってみることを是非お勧めいたします。

 

 

以上、HGAWガンダムエアマスターレビューでした。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です