1/12 ダースベイダー バンダイ サンプル 素組 レビュー


CIMG5416

毎日1個ずつレビューしていくスタイル。

という訳で少し遅くなりましたがスターウォーズより1/12ダースベイダーキットのレビューでございます。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

 

 

 

CIMG5405

CIMG5407

 

 

四方からグルリ。

黒以外のパーツはライトセーバー以外ほとんどシールで再現。

腰のシルバーのポイントもシールだったりします(汗

パーツ自体が突起しているので貼りにくく定着しにくいところも(胸とマント)

水転写デカールもありますが、単色で済むところはおとなしくワンポイントで塗った方がよいかと思います。

 

 

 

CIMG5412

マントを外したところ。

マントを外した状態だとちょっと貧相な感じも。

背中に大きなダボピンが残ってしまうので、あくまでもマントありきなキットだと思えます。

 

CIMG5408 CIMG5425

頭部アップ。

ヘルメットと服の質感をキチンと変えられているのが地味にすごい!

ヘルメットはクリアパーツ的な素材でできているようです。

CIMG5428 CIMG5427 CIMG5429

ヘルメットを外したところ。

さすがに後頭部の色分けはされていませんが、細部まで作りこまれています。

 

 

 

CIMG5415

ハンドパーツは三種6パーツ。

拳、握り手、開き手が付属します。

CIMG5435

胴体のアップ。

この色付きの部分、全部シールです。

・・・ごめんなさい店長はベルトのシルバーのワンポイント、メタルシルバーのチョンつけで逃げました(/ω\)

CIMG5418

背中のマントは三パーツ構成になっています。

CIMG5419

腰のマントは2パーツ。

背中のマントがついている状態では無理ですが、こんなところまで可動してくれます。

CIMG5411 CIMG5431

足元。

かなり革の質感っぽい!(笑)

台座は分割可能で、最小限のバランス取り用のパーツにすることも可能です。

 

 

 

CIMG5426

ライトセーバー装備。

CIMG5416

両手持ちも可能!

CIMG5417

マントのおかげで可動域がだいぶ制限されてしまいますが、それでも色々なポーズを取らせることが可能。

膝立ちもなんとかできます。

・・・マントが接地してバランスをとれてしまうというのもありますが(汗

 

CIMG5421マントを外すと全体の可動は当然ですが広くなります。

 

 

 

 

マントや肩パーツなどが一部ポロリしやすく、また可動域の干渉からそんなにガシガシ遊ぶことには向かないキットですが、パーツの情報量が本当にすごく、飾らせておく分には圧倒的にかっこいいでっす。

 

またスターウォーズキット全体に言えますが、非常に組みやすく作られています。

これはこのキットを通じてプラモを初めて組む人でも簡単に組めるように考えられているように感じました。

『簡単につくれて飾ると決まる』って実はものすごいことだと・・・。

 

ちなみにスターウォーズ好きの友人はこのキットを見て一言『悪いな~・・・コイツ悪いな~・・・』と呟いたので『え?なんかこのキットに問題が?』と聞いたら

 

『いや、やっぱりこう見ると本当にダースベイダーって悪のオーラが出てるよね、』と感想を返してくれました。

 

そんなオーラを出しているキットだといえるでしょうか?(笑)

 

以上、ダースベイダーのレビューでした!

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です