img_9621

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス サンプル素組レビュー


img_9595

発売を目前に控えた1/100フルメカニクスルプスのサンプル素組レビューです。

→HGIBOルプスの素組レビューはコチラ

→1/100バルバトス第四形態の素組レビューはコチラ

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

このキットはバンダイさんからの有償サンプルです。

img_9523

img_9524

img_9525

img_9526

img_9527

img_9528

img_9529

img_9531

四方から。

1/100バルバトス第四形態などと比べるとまず装甲などの情報量が多くなっているように思います。

img_9628

img_9629

img_9630

img_9631

img_9632

img_9633

img_9634

img_9635

フレーム状態で四方から。

1/100バルバトスのフレームに追加パーツをつけることでフレームは構成されています。

img_9533

img_9535

img_9536

img_9537

img_9539

img_9540

img_9541

img_9542

img_9545

アップで何枚か。

img_9637

img_9638

img_9639

img_9640

img_9641

img_9642

img_9643

フレーム状態でもアップで。

img_9517

2体並べて。

img_9547

img_9550

可動の紹介。

開脚は大きく可能。

img_9549

ひざの可動。

img_9551

img_9552

 

img_9662

img_9664

img_9665

img_9660

img_9666

 

足首周りの可動。

img_9558

img_9559

img_9560

腰回りの装甲の可動。

img_9562

img_9563

img_9564

腰回りの可動。

img_9565

img_9566

肩周りの可動。

胴体との接続がボールジョイントなのでわずかですが引き出し的な感じに可動させる事も可能。

img_9569

肩装甲の可動ももちろん再現。

黄色の部分はシールです。

img_9567

肘の可動。

img_9570

img_9572

img_9573

首回りの可動。

img_9623

img_9627

今回の頭部はデザイン上の仕様もあるでしょうがたくさんのパーツで構成されており、緻密な作りになっています。

img_9575

バックパックの可動。

img_9610 img_9612 img_9613

パーツ差し替えによりアーム展開状態に。

img_9578ハンドパーツは2種4パーツ。

img_9579

img_9580

今回はメイス自体の重さとバランスもあるでしょうが、関節がそこまで負けずに保持してくれるので振りかぶるなどのポージングがしやすい印象がありました。

img_9576

装備一覧の画像。

img_9581

img_9586

img_9588

img_9589

img_9594

ポージングで何枚か。

img_9599

ジョイントパーツを取り付けることでソードメイスを背中にマウントさせることができます。

img_9618

キックっぽく。

片足立ちでポージング保持できます。

img_9608

腕部200mm砲。

img_9603

img_9605

スライドで取り付け位置を変更できます。

img_9590

最後にもう一枚。

組みやすさや構成自体は以前の1/100バルバトスと大差ありませんが、細かなディテールやパーツ分けなどで以前より高い完成度になっているとかんじました。

HGの時も驚きましたが、1/100もまた驚く事ばかり。

個人的にはこの1/100ルプスのマッシブな感じがお気に入りです。

以上、素組レビューでした。

,