MG パーフェクトガンダム 素体レビュー プラモ狂四郎


P1070563

MG プラモ狂四郎の素体であるノーマルガンダムのレビュー。

作成記事はコチラ。

作成中 その1

MGガンダムの流用かと思いきや、実は新規造形らしいこのキット。

10年前のものだろうが関係ない美しいプロポーションをしています。

 

 

 

P1070559

 

P1070560

P1070562

 

P1070561

グルリと一周。

モールドを極力省いたシンプルな作り。

プロポーションこそ洗練されていますが、その容姿はかつての旧キットを彷彿とさせます。

可動は近年のキットに比べれば狭いですが、それでもかなり動く仕様に。

 

P1070569

膝立ちもサーベル抜刀も(少し苦しいですが)可能です。

 

P1070563

P1070565

バストアップを裏表から。

顔の一部は先に塗装を済ませてあります。

バックパックのデザインが完全にアニメ版準拠で感動。

 

P1070571

さすがにコアブロックシステムは再現されていませんが、ボールジョイントなのでそれなりに動きます。

 

P1070566

 

P1070567

バージョン1.5と比較。

モールドだけでなくデザイン自体もだいぶ変更されているのがわかります。

肩アーマーのすっきりしてることったら。

 

P1070568

 

アーマーの接続部分は可動式になっているので、どちらかを選んで飾ることも可能です。

 

 

という訳で素体のレビューでした。

 

アーマーの取り付け上完全流用は難しいにしても、まさか完全新規とは思っていなかったので感動です。

 

当時の事を思い出しながら作れるので楽しさ倍増!(笑)

 

 

 

 

.

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です