MG ターンX 組立途中レビュー その2


P1090529

このターンXすごいよ!さすがターンAのお兄さん!!

という訳で(どういう訳だ)MGターンエックスの組立途中レビューです。

内容紹介はコチラ

組立途中その1はコチラ

 

 

X作成の醍醐味は下半身からではないかと想像してしまうほど独特の形状をしていました。

なので足を作っているときが一番ターンXを実感できましたよ。

 

P1090509

人体パーツに照らし合わせて説明するのが難しい・・・スネ兼足部。

ライトグリーンのパーツは可動しますが、このままでは位置を決めることができません。

 

P1090510

真ん中に一本バシッと芯が入りますので、それに合わせて可動。

 

P1090511

次はその脇の三角パーツを組立・・・ですが、画像の通りゲートがワオッてくらい太いです。

あまりに太くて最初何事かと思いました。

 

P1090514

通常のニッパーだと細い部分を切るのが難しそうだったので、エッジニッパー兄さんに登場願いました。

なかなか活躍の場は少ないですが、確実な仕事をしてくれるニクいアンチクショウです。

P1090515

脚部完成。

こうみるとケンタウルスに見えないこともない偶蹄目的な足の形。

P1090516

続いてもも。

おおよそもものパーツとは思えないエッジの効いたパーツが面白い!

P1090517

腿パーツ。

ライン部分はクリアパーツです。

 

P1090518

すね当て。

黒い部分はシールになっていますが、ここは塗装した方が見栄えがいいですね・・・。

 

P1090519

腰パーツ。

前垂れは独自可動します。

 

P1090520

下半身完成を経てからの・・・

 

P1090521

ドッキング!

本体完成でございます。

通常のガンプラとは少し仕様の違う関節機構なので、見栄えのある立たせ方をするのは少しコツがいりそうです。

 

P1090522

続いてウェポンプラットフォーム。

並べてみるとわかるこの圧倒的な大きさ。

P1090523

片面は一枚で形成されていますが、背中側はクリアパーツなどを用いた豪勢な仕様。

名前通り、ターンX手持ちのすべての装備が格納できます。

 

P1090526

P1090527

バズーカ。

これも左右非対称になっています。

モナカ割りにはなっていますが、合せ目が目立たない新設設計になっています。

これは全装備に言えますので、非常にありがたいですね。

 

P1090529

そして完成!

実に存在感のあるフォルムですね。

 

MG自体が超久しぶりだったのもありましたが、やっぱりMGは作り甲斐ありますね。

 

ターンXはそのキットの特殊性から最初はパーツの組立に戸惑いましたが、作っていく毎にキットの面白さを感じさせてもらいました、

 

次回は完成品のレビューをいたします。

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です