HGUCゴッグ トリコロール仕様 電撃ガンプラ王2014応募予定作品 作成その1


P1070072

 

ガンプラマーカーで綺麗にパーツを塗る方法を記事にした際作成したトリコロールゴッグを見ているうちに、ムラムラと作りこみたくなりました。

イメージ元はガンダムフロント東京のあれです(笑)

タイトルに『電撃ガンプラ王2014』と入れてあるのは自身を追い詰める為です(汗

 

 

 

どうせガンダムっぽい仕様にするなら、とことんまでガンダムっぽくしよう!という事で、まずボディーに手を加えます。

 

P1070080

胸のダクトを作成するため、まずダクト部分をHGUCジムさんから拝借。

まず位置を決め、埋め込む位置に仮付けをしてしるしをキサゲでつけました。

 

P1070082

 

しるしをつけた部分の枠内にピンバイスで穴を開けます。

・・・偉そうに書いてますが、こういう工作実は初めて(汗

 

P1070084

金属ヤスリを使って穴を整復。

しるしギリギリまで穴を広げます。

P1070085

あんまり穴ばっかり攻めてるとボディーにいらん穴が開きかねないので、併せてダクトの方の厚さも削って調整。

そして綺麗にパーツがはまったら瞬着を流し込んで固定するのを待ちます。

 

P1070086

乾く間に、今度は腰アーマーの作業。

タミヤのスチレンボードを加工してダムさんの黄色い部分を再現しました。

瞬着でくっつけただけですが(笑)

 

P1070087

前側の連邦マークが入るところを、削って段落を作り作成。

ラインをキサゲでスジ彫りし、あとは無心で削り続けました。

 

P1070088

ボディーを仮組しバランスを確認。

細かく調整はするけれど、ひとまず概ねはこれでOK! としました。

 

 

こんな感じで完成を目指し、ガンプラ王に応募しようと思います。

目指せ1次選考突破!

 

・・・2013のガンプラ王の結果を見るとものすごい場違い感をヒシヒシと感じますが、大丈夫だ!問題ない!

大事なのは楽しむ心だ!(笑)

 

という訳で次回に続きます、ではでは!

ガンダムフロント東京限定 BB戦士 ゴッグ&アッガイ&ゾック Ver.GFT トリコロールペイント

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です