HGUC ネオジオング シナンジュ 全力組立 レビュー


CIMG1183

ネオジオングだけじゃなく、シナンジュも全力で作っているのですよ!

ネオジオングのレビューはコチラ

エングレービング(胸とか足とかの金模様)も難しかったですが、一番難しかったのが・・・。

 

 

 

CIMG1163

CIMG1166

CIMG1178

CIMG1171

四方からグルリ。

シナンジュの本来の赤とは少し違う、少しシャアピンク寄りの色に変更しています。

ネオジオングと同じく金属的な質感を意識。

 

CIMG1179

CIMG1180

 

エングレービング(胸などのマーク)も少し抑え目の色にしています。

こちらの塗装については ネオジオング全力組立その1 その2で詳しく記事にしています。

 

黄色のパーツはあまり黄色黄色されたくなかったのでメタルイエローを薄めに処理。

 

CIMG1181

 

ブースターの内部は赤で塗装。

CIMG1182

完成直前でこのプロペラントタンクに別色があることに気付いて作業(汗

元々は白いだけのパーツですがグレーと赤で塗装を加えています。

パーツ全体にはフラットホワイトを重ねています。

 

CIMG1183

装備状態。

CIMG1186

ベース装着。

 

CIMG1188

 

シナンジュバズーカを装備したところ。

 

 

 

ネオジオングの全力組立を行うにあたってシナンジュがそれに負けないようにネオジオング以上に力を入れて作成しました。

 

エングレービングの塗装も確か難しかったですが、一番難しかったのは頭部の後ハメ加工!

色々試行錯誤した結果、最終的には頭をくり抜く大手術に・・・。

 

色々とありましたが、ネオジオング同様思い入れの強いキットです。

 

CIMG1189

以上、HGUCネオジオングのシナンジュ、全力組立フル塗装のレビューでした!

 

 

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です