HGUC ゼータプラス 組立途中 レビュー


CIMG0836

前回に引き続きゼータプラスの組立レビュ―。

画像のところまで完成したところで副店長に見せたところ

『え・・・サンプル?』って言われたんでチョップしときました。

内容紹介はコチラ

 

 

 

CIMG0816

 

胴体から組立。

肩部分の関節を別で組み立てるというちょっと面白い機構になっています。

CIMG0817

胴体組み上げ。

白のパーツのアクセントが良い感じ。

個人的にコクピットハッチの形がお気に入りです。

 

CIMG0818

次は頭部の組立。

カメラアイシールは左右で分割されています。

CIMG0819

あまり分割線の気にならないキットではありますが、ここの合せ目は消しておきたいところ。

 

CIMG0820

カメラアイとアンテナのレッドシールを入れたところ。

赤が入るとぐっと引き締まりますね。

CIMG0821

続いて腕部。

裏表でデザインが違うので注意。

側面のアーマーは可動するようにできています。

 

CIMG0826

腕部の構成。

そこまで特筆する部分はありませんが、肩パーツが差し込み式になっているのは個人的に嫌いじゃありません。

塗装を考えると楽ですからね。

CIMG0827

CIMG0828

足部。

変形する為につま先の可動が大きくできる様なっています。

CIMG0829

腿部。

ポールジョイントではありますが、関節部が外れるようになっています。

CIMG0830

脚部。

内部パーツに白を使っていますが・・・。

CIMG0832

その白パーツは大胆に隠ぺい(笑)

一段下の白パーツ以外は全て隠れています。

真ん中に走る合せ目には段落ち処理があるので見栄えはいい感じ。

 

CIMG0833

腰サイドアーマー(接続的には腿)のビームキャノン。

銃口の接続が少し硬く浮いてしまうため凸を少しカット。

 

CIMG0834

・・・噂の腰アーマー(汗

初期ロットなので凹み部分がありません。

CIMG0835

裏側のアーマー。

一体型になっています。

 

CIMG0836

本体完成。

ゼータのかっこよさと量産型の悲哀が実によくでている素敵なプロポーション!

デザイン自体は相当前ですが、当時よくこの形と色でGOが出たなぁ・・・と感動すら覚えます。

この無骨な色使いとゼータ特有のスタイリッシュ感がたまりません。

 

CIMG0837

CIMG0838

 

背面パーツ。

合せ目がうまく隠されています。

最近のキットは合せ目をうまーく隠してくれているので素組でも映えますね。

 

CIMG0839

背面組立。

真ん中の黄色いワンポイントはシールです。

背中がスッキリしていますね。

CIMG0844

ウェイブライダー専用パーツ。

さすがに完全変形は無理でしたが、むしろこういう形の方がプロポーションが崩れないのでウェルカムです。

 

 

 

 

CIMG0840

CIMG0841

シールドとライフル。

ライフルはモナカ割りの構造。

シールドについてはパーツ、シールともに気合いの入ったデザインになっています。

特に可変するわけではありませんが、このパーツ構成の多さはすごい!

 

CIMG0842

ライフルは背中にマウントできます。

CIMG0845

サーベル。

特筆するところはありませんが、クリアパーツが非常に綺麗。

 

 

 

CIMG0839

もう一度哀愁ある背中。

 

という訳でHGUC Zプラスの組立途中でした。

 

次回は完成品のレビューを行いますのでお楽しみに!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です