HG ジャイオーン 素組 レビュー


CIMG8075

 

ジャンクにしてあげるー!(原型なし

という訳で少し遅くなりましたがHGジャイオーンのレビューです。

 

1800円キットだったのでサクっと組めるとおもったら・・・!

本体はサクサクでしたが、背面のビッグアームユニットは本当に手応えのある作りになっています。

 

今回はそんな本体レビューでございます。

 

 

 

CIMG8056

CIMG8057

CIMG8058

CIMG8059

 

CIMG8114

※今見たら足の左右を間違えてました・・・詳しくはこちらです。

 

 

四方からグルリ。

バックパック、展開させないと普通のバックパックに見えるのが面白い。

ちょっとカメラの関係で色味が変わっています、本来はもう少し赤味があります。

自立は少し難しいですが、背中のパーツを支えにして立たせている風にはできます。

 

 

 

 

CIMG8060

 

CIMG8061

 

頭部周りをアップで。

顔はシール再現。

モノアイに当たる部分の緑は1本のラインですが、額のパーツでカメラアイっぽく見えるのが素敵。

こういうデザイン大好きです。

 

 

肩、頭部などちょっとシール部分は多め。

 

 

CIMG8062

腕。

思い切った感じの分割線がでます・・・これは合せ目の消し甲斐がある。

 

CIMG8114

足回り。

分割線が目立ちにくいデザイン。

 

CIMG8069

ちょっと膝などの可動は堅め、膝立ちはしんどい感じ。

ちなみに関節パーツと装甲のパーツの向きが逆でも組み立てられてしまうので組立の際には要注意。

膝は約90度まで曲がりますので、それより浅かったら組み間違えている可能性があります。

 

CIMG8065

CIMG8066

 

ビッグアームユニットの一部アップ。

センサー的な部分はシールとクリアパーツで再現されています。

クリアパーツの下にはシールを貼るようになっています。

 

 

CIMG8067

アームを外した背面。

CIMG8074

リアスカートが可動してくれるのは嬉しいですね。

 

CIMG8079

足先には肉抜きアリ。

 

CIMG8070

CIMG8071

 

 

 

ライフルを持たせてみたところ。

 

銃口は別パーツですがあとはモナカ割りの構成になっています。

 

ちなみに今回はハンドパーツが開き手左右と銃装備用の右手のみ・・・ちょっと寂しいですね。

 

 

 

CIMG8072

そしてこう!

ビッグアームユニット展開!

『Gセルフなどというものは、解体してジット・ラボに持ち帰る!』

CIMG8078

アームを側面から。

基部はグリグリ動くんですが、指に当たる部分は広げたりはできず結んだり開いたりするだけになっています。

重さとかバランスの兼ね合いがあるんでしょうね。

腰回りもかなり太い軸で構成されています。

 

CIMG8080

内側から。

 

CIMG8073

CIMG8075

 

アーム展開!

このでかさとインパクトは前回のエルフブルックに通ずるところがありますね。

アームが動くので様々なポーズづけができるので色々遊べそう。

 

CIMG8081

こんな感じのポージングも可能。

 

 

 

CIMG8076

 

最後に思いっきり開いたところを一枚。

 

生放送で組立実況を行った際、本体はサクサクいけたんですが、このアームで本当に苦戦・・・。

今にして思えばパーツの多さもあったんですが、同じようなパーツに見えて左右でパーツが違うので、組立の際には要確認です。

 

 

ですが今回も非常にプレイバリューが高い!

 

レコンギスタキットの攻め姿勢にメロメロでした。

 

以上、HGジャイオーンの素組レビューでした!

 

 

,


「HG ジャイオーン 素組 レビュー」への2件のフィードバック

  1. ビルドファイターズトライにも出てくる? !いやいた(笑)
    次は何か楽しみです。

  2. この可動が色々なキットに今後使われると仮定すると、あんなMSやこんなMSが期待できてしまいますね(*’▽’)
    コメントありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です