BB戦士 ビルドバーニングガンダム 素組完成品 レビュー 有償サンプル


CIMG5868

限界なんて、ない!

という訳でBB戦士ビルドバーニングガンダムのレビューです。

作っているときは『エフェクトが・・・』とか『ヘッドパーツの作りが・・・』とか軽い不満を感じたんですが、価格確認して驚き。

600円でここまでできるようになったんですねBB戦士←情報が1990年代

→ パーツなどの内容紹介はコチラ。

 

 

 

CIMG5853

CIMG5854

CIMG5856

CIMG5855

 

 

四方からグルリ。

BB戦士らしく可能な限りの肉抜き穴。

CIMG5857

頭部のアップ。

ヘルメット的な仕組みになっている頭部。

赤の縁取りがないのでちょっと印象が違いますね。

ただすごいなーと思ったのは顔中心のへの字の部分。

あそこが空洞になっているので何もしなくてもスミが入った様に色分けされた感じが出ています。

 

口元やカメラの部分はシール再現。

瞳シールは瞳のありなしから選択するようになっています。

 

 

CIMG5859

ビルドバーニングはこれぐらい装甲パーツが外れ、他のBB戦士とパーツの差し替えが可能になっています。

 

CIMG5860

ハンドパーツを差し替えて少し構えてみたところ。

手甲は交換式ですが、平手と拳の2種類のパーツがついてくれるのは嬉しいですね。

 

CIMG5861

 

少し角度を変えて。

腕側面のレッドパーツはシール再現。

ちなみにHGBFではクリアパーツの部分はシールで再現。

青か赤かは選択式になっています。

今回は赤を選択しました。

 

CIMG5863

エフェクトパーツ展開!

BB戦士に付属するのは普通のプラパーツの赤いエフェクト。

ちょっと不満を感じないでもないですが、HGBFのビルドバーニングのエフェクトパーツと差し替えられるところや、価格との兼ね合いを考えれば問題ないように感じました。

 

CIMG5862

ちなみにアクションベースなどの台座に接続可能。

 

CIMG5866

少し挑発的に。

 

CIMG5867

ダブルナックル!

横のピンには背面エフェクトなど色々接続ができるようになっています。

 

ただ、HGBFの炎エフェクトのナックルパーツが接続できないので、片方だけでも見栄えを考慮してピンを切り飛ばしてしまうのも手かも。

 

CIMG5874

ちなみに背中のパーツを外すことで・・・・

CIMG5868

HGBFビルドバーニングの炎エフェクトを背負わせることができます。

CIMG5869

背面から。

やっぱりクリアパーツのエフェクトは映えますね。

 

CIMG5870

こんな感じでエフェクトパーツ同士を連携させて演出することも可能。

CIMG5876

『あの・・・そろそろ返していただけないかと・・・』

『なんだとぉぉ・・・』

 

CIMG5877

『シャーコノヤロー』

 

CIMG5878

『カーッといっとこかー!』

 

 

まぁこんな寸劇はさておいて。

画像だとウイニングナックルを装備している風に撮っていますが、実は腕部分に乗っけているだけなんです・・・。

 

本当は装備できたら良かったんですが、接続ジョイントパーツがあわず断念。

重さにはまけていないので接続部さえどうにかしてしまえば保持は可能だと思います。

 

 

CIMG5874

CIMG5875

 

あと一つ気になったところ。

系が少しきついのか個体差なのか・・赤のエフェクトパーツを付けるとかなり削った後が残ります。

受け手が白パーツなので仕方がないといえば仕方がないのでしょうが、どうなのだろう・・・と思った次第です。

 

 

CIMG5866

 

最後にもう一度このポーズで。

 

ひじ関節が動いたり、腰回りにスイングパーツがあったりとそこそこのアクションもこなしてくれるこのキット。

600円でこのバリュー感はお買い得だと思います。

 

 

以上、BB戦士396ビルドバーニングガンダムのレビューでした!

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です