妖怪ウォッチ ダイヤニャン 組立途中 その2


CIMG0246

前回に引き続きダイヤニャンの作成です。

ダイヤニャン作成その1はコチラ

この塗料の完成が成功のカギだ!

 

 

CIMG0247

前回吹いたサフが乾いたのを確認したうえで各部を塗装。

ダイヤという事でベースはメタリックシルバーを選択。

このままではさすがに味気ないので、塗装をした後パールホワイトを重ね塗りしておきます。

 

CIMG0246

塗料の研究は相変わらず続きます。

前回の記事でテスト塗りしたものではあまりに粒子が大きすぎるので別の物をいくつか試しました。

 

『これならいける!』と作った塗料を意気揚々とエアスプレーに装填し吹き付けたところ・・・。

 

 

エアスプレー破砕! orz

 

『今塗料を吹き付けようと思ったらハンドピースが動かなくなった、なにを言っているかわからねーと思うが俺にもよくわからねー・・・』

 

粒子が大きすぎて詰まっちゃったんですね・・・。

しかもそれを除去しようと分解清掃しようとしたら塗料が筒先から勝手に漏れ出すような状態に・・・!

ホビーショップの店長が使い方間違える上にハンドピース壊すとか笑い話にもなりません。

こ、幸か不幸かハンドピースの仕組みはすごく理解できましたけどね!

 

ただ一つ言えることは・・・『ハンドピースは絶対に分解するな!』という事です。

清掃をしても機能が回復しなかったらおとなしくメーカー様に修理を仰ぎましょう。

壊れちゃったら元も子もありませんので(‘Д’)ウワアアアアア!

 

という訳でそんなハプニングもありましたが

CIMG0249

自分が考えていた塗料が無事完成しました。

筆塗りで行う必要はありますが、テスト版ではいい感じに仕上がりました。

 

 

次回はいよいよその塗装作業に入ります。

 

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です