妖怪ウォッチ ダイヤニャン 完成品 レビュー


CIMG0525

とうとう完成いたしました妖怪ウォッチ ジバニャンを全塗装した ダイヤニャン!

今回は塗料の調合から試みた野心作です。

アニメやゲームのダイヤニャンとはイメージが違いますが『宝石らしさ』を表現できるよう塗装してみました。

組立途中 その1 その2

 

 

 

CIMG0514

CIMG0515

CIMG0517

CIMG0516

まずは四方からグルリと撮影。

光を当てると想像以上に乱反射してくれました(笑)

 

今回はメタリックシルバーの下地の上にラメなどが入ったある塗料をレベリング薄め液で希釈し塗りつけています。

粒子の大きさが多少ランダムになっていますが、そのせいもあって宝石感を出すことができました。

 

CIMG0520

CIMG0518

CIMG0519

 

顔のアップ。

回りのダイヤ部分に紛れて目立たなくなってしまいましたが、顔などの白い部分にもパールホワイトを吹き付けています。

口の中は色を塗るよりもしっくりくると考え、既製品のシールを貼り付け。

その他の部分は塗装しています。

CIMG0521

胸の飾り、首輪部分はメタルブラスで塗装し、飾り本体の部分はホワイトシルバーで塗装しました。

 

マンガだとこの首飾りジバニャンのなんですね・・・、どうしようか少し悩みましたが、少しだけゴージャスにしておきました。

 

CIMG0522

CIMG0523

台座と交換用パーツ。

ダイヤニャンの瞳などのカラーはジバニャンと設定が変わらないこととこの瞳には何種類かあるので、お客様に選んでもらうためそのままに。

口と鼻に関しては処理しました。

台座はゴールドで処理。

 

 

CIMG0525

みんなで記念写真!

最初どうやって宝石感を出すか悩みましたが、この表現が一番しっくりくると思い塗装しました。

という訳でダイヤニャンの完成品レビューでした。

 

ではでは!


「妖怪ウォッチ ダイヤニャン 完成品 レビュー」への4件のフィードバック

  1. なるほど~。
    妖怪ウォッチのゲームなどのイラストとは違うものだけど、
    こういうダイヤニャンも有りだな。
    って思いました。

    ゲームのダイヤニャンは、
    つるっ。としてはいるけれど、薄っぺらい感じだなぁ。
    と思っていたんです。

    こういう表現もあるんですね。

    ありがとうございました♪

    実物が楽しみです

  2. コメントありがとうございます!

    ゲームの表現とだいぶ違う表現だったのでどうなるな心配でしたが、お喜びいただき一安心いたしました。
    本日発送処理に入らせていただきますので、到着まで今しばらくお待ちください^^

  3. 現物が届きました!

    画像以上に鉱石感!
    ギラっ!とした感じです。
    しっぽの火の玉とのツヤっ。とした対比で質感ばっちり。です。
    画像より、実物の方がダイヤ感あります。

    職場の同僚が、幕張であった次世代WHFに行って、
    限定のダイヤニャンのプラモデルを、頼んだやつと比べてみて。ってくれたんですよ
    (メダルの方がほしかった!子供のものだから。ってくれなかった(ToT))

    …全然違う。
    透明なプラにラメがまぶしてあるだけで、
    かなり…安っぽい。
    ダイヤじゃない!

    作って頂いた方が100万倍良いです!
    ふっ。「格が違うのだよ。格が」

    威厳があって、強そう。
    でも…。可愛い~♪
    ゴルニャンとは違った愛しさです♪

    ゴルニャン。ダイヤニャン共、
    出来上がっていく工程が、コメントと画像で楽しめました。
    完成品が届き、ワクワクしながら開封しました。
    実物を手に取り、見た時の嬉しさは、たまらないですね!

    本当にありがとうございました。

  4. コメントありがとうございます!

    初の試みで緊張しながら作業させていただきましたが、喜んでいただいてとてもうれしく思います。
    時期的にワンフェスのキット画像を目にしなかったのも逆に良かったと思っています。
    (元があるとどうしても意識してしまうので・・・)

    こだわったところを喜んでいただけると作成者冥利につきます。
    ブログにつきましてもお喜びいただき感動の至りです。

    コチラこそありがとうございました。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です