妖怪ウォッチ ジバニャン プラモデル 作成


P1070456

当店の在庫が減らないのでついカッとなって組み立てたジバニャン。

最初は『所詮チルドレン向けよ、フフン』と侮っていましたが、よくできた作りに感服しました。

単純なものというのは技術と知恵がないと作れないんだなぁ。

 

 

P1070458

 

まずはランナー。

パーツ数としては非常に少なく、どのパーツがどの部位になるのか一発でわかる仕様になっています。

 

P1070457

説明書。

ポップだなぁおい。

P1070459

シール。

元々のデザインでもあるんでしょうが、このシールを貼るだけで色分けはほぼイメージ通りになります。

指定のところにほぼピッタリ貼れるというのも、シールにガイド(瞳のシール)を付けることでやりやすくするなど、小さな子どもでも完成度が高くなるように作ってあるのが印象的でした。

 

P1070460

さっそく組み立て。

ニッパーなしでも切り離しができる仕様になっているだけあって、ランナーとパーツの接合部が非常に小さいです。

P1070462

ギリギリで切ればバリ跡が残りません。

 

P1070463

安全対策もあるのでしょう、ダボピンが円筒状、かつ巨大になっています。

P1070464

アルティメットニッパーでバッサリ。

さすがアルティメットニッパー、なんともないぜ!

P1070477

手の裏には肉抜き穴あり。

P1070465

ポリキャップなどはなく、直接キットに差し込む仕様。

あまりグリグリ動かしすぎると削れてスカスカになってしまうかも。

P1070466

素組完成。

腰と首、両手が可動します。

P1070467

スタンドは尻尾で保持。

自立はできませんが、スタンドでのバランスはいいです。

P1070468

 

今回は光沢でツヤツヤにしたかったので、トップコートを吹いて乾燥機へイン。

 

ジバニャンのキットとしてのバランスが秀逸で感動しました。

あとで完成品のレビューを記事にしますが、細かいこだわりがすごく感じられます。

最近はここまでできるのか・・・と感動。

 

完成品もなかなか素敵なので、楽しみにしていてくださいね。

 

.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です