妖怪ウォッチ ジバニャン プラモデル レビュー


P1070478

プラモデル ジバニャンのレビュー。

ホビーショップで作られたジバニャンらしく、読んでる本をマックスファクトリー代表のMAX渡辺さん、オオゴシさんが以前作られた名著『ガンプラ大好き!』に変更してあります。

・・・実は今回の作成にあたって一番戸惑ったのはこのシールだったりします(汗

ちなみに作成中をまとめた記事はコチラ

→ 妖怪ウォッチ ジバニャン プラモデル 作成

 

 

P1070481

 

P1070471

 

P1070482

 

P1070472

 

四方からぐるりと。

今回は艶消しではなく光沢で仕上げたのでまるで陶器の様(笑)

合せ目は一応消してありますが、消さなくても十分見栄えのいいデザイン。

P1070475

 

P1070474

 

表情パーツは全部で3つ。

後頭部のボタンを押すことでパーツが外せるようになっています。

瞳シールは7種類あり、選んで貼る必要あり。

 

P1070476

手のパーツは物を持ってまっすぐ伸ばしているか、曲げているかの2種類。

白い部分はシールですが、綺麗に仕上げるなら塗った方がいいかも。

 

P1070484

 

P1070483

可動部分は確かに狭いですが、腰から首にかけての曲がり具合がハンパじゃないです。

可動自体は少ないくせに、この可動のおかげで非常に表情豊かになっています。

 

P1070478

最後はうちの副店長(嫁)渾身のシールを貼った書籍とともにパチリ。

本当はNKBの写真集のシールが付属してありますが、ここだけはあえてこだわってみました(笑)

 

子どもが初めてプラモを作るという場合でも、大人が真剣に作成するという場合でも色々楽しめる良キット。

 

以上、ジバニャンのレビューでした!

 

.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です