妖怪ウォッチ オロチ プラモデル 素組完成品 レビュー サンプル


CIMG7538

実はジバニャン系以外の妖怪ウォッチキットを組むのは初めてだったり。

妖怪ウォッチ 10 オロチの素組完成品レビューです。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

ガンプラみたいに関節をグリグリ動かして遊ぶわけにはいきませんが、なかなか遊べるギミックが満載になっています。

 

 

 

CIMG7529

CIMG7530

CIMG7531

CIMG7533

 

まずは龍込みで四方からグルリ。

ポーズは基本固定ですが、いい形の作り。

CIMG7534

CIMG7535

CIMG7536

CIMG7537

 

 

本体のオロチのみをしほうからグルリ。

 

腕の裏など一部大きな肉抜き穴が目立ちます。

CIMG7542

 

足の裏や掌などにも肉抜きがあるんですが、この辺りはシールでうまく隠してあります。

 

 

CIMG7539

顔をアップで。

右目は髪で隠れてしまいますが、ちゃんと両目シールがついています。

どうしても肌色の部分のシールが目立ってしまうので、目だけ切り出して眉毛は塗ってしまった方がよいかも。

 

今回は少しシール貼るのがお子さんだと手ごたえがあるかも。

あんまり大きなシールはないので大きくずれるってことはないでしょうが・・・。

CIMG7540

CIMG7541

 

本体は肩が上に少し上がる、腰が回る程度の小さな可動しかありませんが、その分ここぞとばかりに竜が動きます。

いつぞやのメガリザードン的なフレキシブル可動に。

 

CIMG7543

腕は上がるのですが、肉抜きが目立っちゃうのでそこを気にするとできるポーズは少し制限されています。

 

CIMG7544

基本のシールを貼ったところ。

今回も様々な表情シールが盛り込まれています。

 

CIMG7545

ちょっとお怒り系の瞳シール。

基本表情なしのようですが、感情表現時には顔がでるのかな?

 

CIMG7546

手に付けてみたり。

龍騎っぽく。

こちらはプラモオリジナルギミックとなっております。

 

CIMG7549

スネーク・カモン!

こちらもオリジナルギミック。

CIMG7550

ツボ付近はこんな感じになっています。

 

 

 

CIMG7539

最後にもう一枚。

 

スタチューとプラモの中間の様な印象を受けるこのキット。

遊ぶだけでなく飾っておくにしても顔周りを少しいじってやるだけでグットかっこよくなると思います。

 

妖怪ウォッチプラモはやっぱり作っていて面白いなぁと感じます。

 

 

以上、妖怪ウォッチオロチのレビューでした!

 

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です