MG パーフェクトガンダム 作成中レビュー その2 プラモ狂四郎


 

P1070718

前回の続きです。

なんとか仮組まで完成しました。

やっぱりパーフェクトガンダムはいいですね・・・

素体の可動もほとんど損なわないのはすごい!

素体のレビューはコチラ

そんな作成中レビューその2です。

 

 

 

 

P1070691

脚部のアーマーの組立から。

 

極力本体を加工させない為なのか、アーマーパーツには様々な仕組みが仕掛けられています。

 

足はなんとラバーパーツの留め金が。

この発想はなかった。

 

 

P1070689

片足取り付け。

パーツ同士のすきまが気になったので接合部を再研磨して隙間をなくしました。

 

P1070690

ちょっとわかりずらいですが、だいぶピッタリくっついてくれました。

 

P1070693

 

ボディアーマー。

 

合せ目消しの更新をしたときに少し書きましたが、この合せ目が消えなくて往生しました・・・。

P1070703

肩の引き出しがずいぶん広いなーと思っていたら、肩アーマーを挟み込んで固定するためだったようです。

 

ちなみにバックパックのザーベルユニットを格納できる部分も収めることが可能になっています。

 

P1070704

こんな感じに刺さります。

 

P1070713

シールドのパーツ。

こうしてみると実に腕時計っぽいデザインでした。

P1070714

 

ボリューム満点なシールドの内側。

 

P1070715

 

バックパックのセンサーは内部デカールにクリアパーツで表現されています。

地味にこの色かっこよくて好きです。

 

P1070717

 

P1070716

 

次々と作っていきたいところですが、合せ目を消さなければならないので乾燥機に放り込んでいきます。

 

 

バックパックは特に合わせ目があるパーツが多いです、砲身とか

 

P1070721

そして何はともあれ仮組完成!

狂四郎とツーショットで作成です。

 

 

パーフェクトガンダム、やっぱりいいですね・・・。

 

古いけど新しい不思議な感じがします。

 

 

さぁ、これで仮組は終わり!

次からは色塗りを始めます。

 

 

 

ではでは!

 

,

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です