ビルドバーニングガンダム HGBF レビュー その2 サンプル


CIMG3067

さぁーてみなさんおまちかねー!

ある意味ビルドバーニングの真骨頂、エフェクトパーツ装備版のレビューを行います。

 

→ ビルドバーニングレビュー その1はコチラ

 

 

 

CIMG3042

こおおおおお・・・!

という感じエフェクトパーツを再現。

3つのパーツで背面のエフェクトは再現されているため、とても表情豊かです。

CIMG3050

背面から。

CIMG3044

見栄を切ってみる。

今回はクリアパーツが本当に多彩です。

CIMG3047

専用ジョイントをつけて向きを変えるとエフェクトの流れを変えられます。

CIMG3048

背面から。

CIMG3049

続いて拳エフェクト。

赤熱化した拳が付属しています。

この上にエネルギーをまとった感じのエフェクトをかぶせる形になります。

 

CIMG3051

バーン・ナックル!

横スジのエフェクトは3種類の長さがあります。

CIMG3052

アップで。

CIMG3053

角度を変えて。

このエフェクト、すごくいい!

CIMG3054

神砂・・・(しつこい

拳エフェクトは左右付属します。

 

CIMG3055

うおりゃあああああ!

蹴りエフェクトは一個だけです。

CIMG3056

側面。

個体差かも知れませんが、横筋のエフェクトはキックエフェクトに取り付ける際ポロリしやすい印象を受けました。

 

CIMG3057

『Exceed Charge』

CIMG3058

ウエェェェーイ!

CIMG3061

ハッ!

CIMG3062

・・・ほっとんど区別がつきませんが、色々キックポーズ。

台座は別キットからの流用です。

CIMG3065

石破ァ! 天驚ッ!

 

CIMG3045

サーベルは付属していませんが、持ち手が付属しているため持たせることが可能です。

 

 

とにかくかなり遊べるキットです。

こんなにいじくりまわしたのは何年振りでしょうか・・・。

 

敢えて問題点を書いておきますと

 

・肩と本体の接続がゆるく、ポロリしやすい。

・肩と腕の接続が硬く、外れない代わりに動かしにくい。

・腕のクリアパーツ辺りのパーツが外れやすい。

 

ほかにもこまごまありますが、大きく気になったのは上記の3点です。

ですがこれが大きな問題というわけではないですし、そんな苦も無く改善できる部分なのであまりにきにしていません。

CIMG3067

とにかくよく動く、キレイ。

なので是非遊んでよし、飾ってよしの良キットですよ!

以上、ビルドバーニングのレビューでした!

 

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です