グリモア HG サンプル 組立途中 レビュー Gのレコンギスタ


CIMG3146

 

先日の初放送から興奮冷めやまぬGのレコンギスタより、既に名作キットの香りが漂う良作

『HGグリモア』の組立中のご紹介です。

何体でも作りたくなる不思議な魅力一杯のキットです。

 

 

 

CIMG3132

ではまずは頭部から組立ていきます。

頭部のクリアパーツの下にはカラーシールを貼る仕様になっています。

ちなみにUVライトには反応しません、残念(´・ω・`)

クリアパーツはG-セルフと同じUV仕様のパーツだそうです・・・(バンダイさんに確認)

店長の眼は節穴です(/ω\)

間違った情報をかいちゃってごめんなさい。

あんまり光っているようには見えなかったですけど・・・反省

 

CIMG3133

 

胴体。

襟元のラインがとっても綺麗。

このラインを口にして顔を見るとピエロっぽく見えますね。

そういう風にデザインされたみたいで、なかなかこの顔お気に入り。

 

胴体のコックピットはボールジョイントを仕込む形になっており、この接続方法により胴体がグリングリン可動します。

CIMG3134

続いて腰部分。

実にすっきりとしたパーツとなっております。

今回も可動を最大限にしていきたいので真ん中の接続部を切断しました。

 

CIMG3135

腰アーマー。

フロントアーマーは別パーツをつけるようになっています。

CIMG3136

続いて腕です。

全体的に無駄のないデザイン。

無骨かつかわいいです。

 

CIMG3137

ハンドパーツ。

手甲は右左があるので注意。

あと内容紹介で少し間違えてました、ちゃんと握り手パーツ2個と平手(左手)が付属していました。

 

CIMG3138

続いて足。

ここもスッキリしていますね。

CIMG3139

膝。

2重関節でないので正座とかはさすがにしんどいですね。

 

CIMG3140

スネ装甲全面にはシールでポイントを再現する感じになっています。

ここは別パーツで頑張って欲しかったですね・・・。

 

CIMG3141

脚部。

足の付け根にはロール軸がはまっています。

なので足の可動も良好。

CIMG3142

本体完成!

バランスあるポーズが取れるのでポーズがバシっと決まる!

 

CIMG3143

最後に兵装。

プラズマナイフは一個成型になっています。

CIMG3144

(説明の為腰アーマーを外しています)

プラズマナイフは腰のリアアーマー内部に格納できるようになっています。

こういうギミック嬉しいですね。

 

CIMG3205

 

CIMG3206

 

続いてシールド。

一体成型で接続部を付ける感じになっています。

元々がシンプルなデザインなのでこれでもいい感じですね。

 

CIMG3145

接続部は2種類。

あと説明が遅れましたが、腕の真ん中には合せ目がでます。

CIMG3203

CIMG3204

ライフル。

モナカ割りで作られています。

サイトの部分はシールで再現。

ある意味いつもどおりのシンプルな構成でございます。

 

CIMG3146

完成!

ポーズがバシっときまる!

 

 

組んだ感想ですが、非常に組みやすい!

癖のない、パーツ構成もシンプルにまとめてあるキット。

ですが物足りなさを感じないまとまったフォルムになっています。

 

冒頭でも書きましたが何体でも作りたくなる魅力を秘めています。

 

完成品のレビューは後ほど記事しますね!

以上、組立途中のレビューでした。

 

,

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です