ガンダムアストレイ ブルーフレームD 素組完成品 レビュー 有償サンプル


CIMG4099

『逆鱗』という通称が実によく似あう装備を持つガンダム。

MGガンダムアストレイブルーフレームDのサンプルご紹介です。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

この色合い、クセになりそうです・・・。

 

 

 

CIMG4081

CIMG4082

CIMG4083

CIMG4084

 

四方からグルリ。

体中に装備をマウントしているというMS。

大胆な色使いですが、全身を見るとピシッと決まっていて素敵です。

 

CIMG4085 CIMG4086

フェイス部アップ。

今回びっくりしたのがアンテナ。

最近の流れの真逆を行くようなとがり倒した形状。

Hi-νの時も『尖ってるな~』と感じましたが、ブルーフレームDは輪をかけてするどくなっています。

取扱には十分に注意を・・・。

センサー部は本来クリアパーツですがシール再現。

もったいないので塗装可能なら是非塗っておきたいところ。

 

CIMG4087

脚部アップ。

フレームに装甲を組み立てていくスタイル。

一部外れやすいところがあるので、気になる様なら接着しておきましょう。

 

CIMG4088

膝を初めとして、可動に応じて装甲のスタイルが変化するのが素敵です。

CIMG4089

ハンドパーツは1種類。

MGユニコーンの様に中指から3本は固定されています。

CIMG4090

ボディー部アップ。

コックピットは可動します。

装甲を組み合わせて形作っているので、動きもよく合せ目もほとんどありません。

少し脱線しますがパーティングラインが少し多めなので(腕の裏側など)消しておくといいでしょう。

 

CIMG4091

ブルーフレームDには専用のスタンドが付属しており、画像の位置で固定します。

アクションベースでも対応可能です。

備え付けのスタンドは角度などを変えることができないので、アクションベースの方がいいかも。

 

CIMG4093

装備を全て外したところ。

これだけの装備が本体に装着されているというのはすごい・・・。

もちろん全て装備可能です。

CIMG4094

ちなみに可動は良好。

もちろん膝立ちも楽々です。

CIMG4097

肩の可動も腕の可動も良好なので、装備を手に回すことも可能です。

CIMG4100

ヴィーヴルストライカー。

翼は上下に可動します。

というか各パーツがグリグリ動くので表情づけが多彩です。

CIMG4099

そして本機の注目装備、『シペールソード』

装備を全部乗せして巨大な剣に変形させることができるかなしボリュームのある武器。

 

『逆鱗』という意味合いを込められたというのも納得のデザインとなっています。

 

各装備を装着させていく形になりますが、保持力も悪くなく、飾って置く分にはストレスを感じませんでした。

CIMG4101

ちょっとポーズづけ。

CIMG4103

作品的にこの持ち方がありなのかわかりませんが、こういう装備の仕方も可能。

 

 

MGなので相当なパーツ量を覚悟していましたが、思ったほど量もなくサクサク組み上げられます。(最近ver.Kaばかり組んでいたせいもありますが)

 

可動もギミックも色々楽しめる作りになっているので、飾ってよしいじってよしのキットになっております。

 

武器パーツを各部に装着するようになっているのでパーツのポロリを心配したくなりますが、思ったよりはしっかり保持してくれます。

 

ストライカーパックが重いので自立させるのは少し難しいですが、できないわけではないのでご安心ください。

 

 

以上! MGガンダムアストレイブルーフレームDのレビューでした!

・・・実はデカールなんかをまだ貼り付けていないので、貼り付けたら追記いたします(汗

 

,


「ガンダムアストレイ ブルーフレームD 素組完成品 レビュー 有償サンプル」への2件のフィードバック

  1. トゲトゲしててかっこいいですね!

    中二感もかもし出しててww

    これってプレミアムバンダイの商品でしたっけ?

    MGあまり組まないけど
    これは作ってみたいなぁ!

  2. 全身武器って男の子ですよね…(ウットリ
    このキットは通常販売で、来週にはアルケインと同じ時期くらいには発売されるそうです。
    何故このキットが通常販売の範疇に選ばれたのか・・・(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です