BB戦士 ネオジオング 組立途中 レビュー


P1090258

内容紹介はコチラ

完成品レビューはコチラ

BB戦士ネオジオングの組立途中のレビュー。

BB戦士はサクサク組みあがっていくので楽しいですね。

ですがその反面パーツ一つ一つの大きさに驚愕!

 

 

 

 

P1090236

組立開始!

まずは頭部のモノアイから。

モノアイはクリアーパーツで成型されており、シールを貼って色再現をするようになっています。

ですがせっかくのクリアパーツをシールで潰すのも忍びない・・・。

 

 

P1090237

なので軽く塗装。

基本的には素組で行いますが、ここだけは色をつけちゃいました。

 

 

P1090238

頭部完成。

デフォルメされていてもいい面構え。

 

P1090239

なんとビックリ、内部でモノアイが可動します。

最近のBB戦士はギミックが豊富!

 

P1090240

胴体。

袖部分は全てシール。

ですがキチっと貼ると安っぽさも感じられずいい感じ。

P1090241

頭部を設置すると途端にかわいらしく・・・!

 

P1090242

肩アーマー。

なかなかざっくりとした作り。

 

P1090243

 

腕完成。

ハンドパーツは腕パーツに挟み込む形になるので、一回組み立てると分解しないと取り外せません。

小手部分のシールは組み立てる前に貼ることをオススメします。

 

 

P1090244

P1090246

 

足パーツ。

シールも込みですが、なかなか細かく色分けがされています。

というか最近のBB戦士は脚部分があるんですね・・・。

昔のは上記の足の部分をそのまま胴体につけていた物ですが。

時代の進歩っていうのはすごいですね!(今さら

 

 

 

P1090247

全体とりあえず完成!

バランスがいいですね。

見えないところは肉抜き穴でいっぱいですが、それはそれで趣があります。

 

 

P1090256

 

シールドやバックパックなんかを組み立ててしまいます。

シールドはシール天国でした。

中心のラインからずれないように意識して貼ると目立ってずれないのでオススメです。

 

 

 

P1090248

という訳でシナンジュ完成!

 

普通ならここで完成ですが、今回はむしろここからが本番です。

さぁネオジオングパーツを組み立てますよ!

 

P1090250

スカート部。

でけぇ!

しかもパーツの作りがおおらか!!

しょっぱなからこれですからワクワクが止まりません。

 

P1090251

マークはシール再現。

マークの形が成型されているので、ここは色を塗ってしまってもよいですね。

P1090252

いぇーい。

ネオジオングのパーツはシナンジュをはめ込むのではなく、内部の台座にシナンジュを立たせてその台座をコーティングしていく感じになっています。

だから汎用性が高いんですね。

うまいこと考えてあるなぁ・・・

 

 

P1090253

 

胸パーツはめ込み。

ここもドラゴンころしばりに大きく、そして大ざっぱなパーツ構成になっています。

 

P1090254

肩アーマー。

なんとも超でかい!

ですがここはアームなんかをつけたり展開状態もできたりとなかなかギミック豊富。

P1090255

肩アーマーとアーム接続。

ポリキャップ挟み込みではなく、凸部にボールパーツを差し込んではめ込むようになっているのが新鮮でした。

 

ハメ忘れも少なくなるしこの仕組みはいいなぁ。

P1090257

全体がとりあえず組みあがりました。

そしてここにサイコシャードを組立て・・・

 

 

P1090258

 

完ッ成!

サイコシャードは何度見ても神々しい以外の何物でもないですな。

 

 

パーツの大きさに圧倒されてしまいそうですが、組立自体は非常に簡単で、素組であれば3時間もあれば概ね形になる程度です。

 

ですが存在感もディテールも素晴らしいので、『ネオジオングは欲しいけどHGUCはちょっと・・・』と思っておられる方にはおすすめですよ!

 

それでは次回はキットのレビューをさせていただきます。

 

なお今回もアルティメットニッパー1本で作業いたしました!

 

ではでは。

,

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です