MGは難しくない!みんなでMG作ろうぜ!(まずは道具編)


CIMG4099

(ほーらイカスだろう・・・?)

という訳で前回の記事に引き続き、実際にMGを組んでみましょう。

・・・とその前にまずは道具のお話し。

→ MGは難しくない!みんなでMGつくろうぜ!(HGとの比較編)

ちなみに今回の記事は素組で組むことを前提に記事を書いています。

 

 

 

 

 

MGだけではないのですが、素組をする際にはゲートカットの綺麗さが完成度に直結してくる・・・と個人的には思っています。

素組は切って→組む(時々貼る)この工程の繰り返しです。

組むという工程は多くの場合工具などを必要としないのでそこまで差は生まれませんが、切るという工程は工具を必要とし、その工具で時間と出来栄えに差が出てきます。

CIMG9699

(このキットもほぼニッパー1本で組んでます)

普通のニッパーで切る場合は切るという工程にいくつもの作業が生まれてしまい、その分時間がかかってしまいます。

切った後なんて気にしないぜー!ならいいんですが、少しでも綺麗にしようとしたらニッパーでおおまかに切った後、カッターなどでランナーとパーツを繋げているゲートを綺麗に切り落としてやる必要が出てきます。

(私も最初にプラモの作り方を習ったときはそう教わりました)

ですがそれをしていると

切って→更に切って→切り落として→組む・・・

みたいな感じになり、1回のセクションについて工程と作業量が多くなってしまいます。

 

かといって切ったままにすればいかにもな切り跡が残り、それがモチベーションの低下を招き、面倒くささを感じてしまいがちです。

 

 

敢えて言えば、まずはニッパーだけでいいのでいいものを買いましょう。

これだけで本当に違います。

最近はいいものが売っています・・・多分私が高校くらいの時にこんなの出てたらプラモにはまる時期はもっと早かったと思います。

 

たくさんのニッパーがありますが、進めるのはもちろんご存じゴッドハンドさんのニッパー。

普段ならアルティメットニッパーを一番に薦めますが、今回はMGに挑戦しようとされる初心者よりの方への記事なので

 

アルティメットニッパーより安価、かつ手に入りやすいこちらのニッパーをお勧めします。

 

→ 使用感などのレビューはコチラ

 

こちらの片刃ニッパー、確かにアルティメットニッパーに比べれば切れ味は一歩劣りますが、それでも切れ味はバツグン。

それにアルティメットニッパーに比べて(体感ですが)刃の強度が高いので、そこまで気を遣わずに済みます。

アルティメットニッパーであればなおのことですが、このニッパーは切り口が非常に美しく、カッターなどでゲート跡を処理しなくても美しく仕上げることができます。

 

時間の短縮と見栄えを両立させることができる訳です。

 

 

『そんな高い工具を買うのはちょっと・・・』と思われるかも知れませんが(普通のニッパーが数百円に対しこの片刃ニッパーは2700円します)

その値段に見合う価値はありますよ。

 

 

 

素組でも全塗装でもそうですが、プラモを途中で組むのをやめてしまう理由の多くは

・忙しくてやめる

・作業のミス、出来栄えの悪さなどでモチベーションが維持できなくてやめる

 

だったりします。

 

このニッパーさえあれば全て解決!という訳にはいきませんが、作業工程そのものを短縮できれば時間の短縮は勿論の事、ミスをする割合も当然減ってきます。

必要行動回数が減れば、その分失敗する可能性の回数も減る訳ですから。

(もちろんその切り口も美しい!)

 

MGだけの話ではありませんが、まずはニッパーだけでいいので、いいものを買ってみてはいかがでしょう?

 

それだけで素組ライフは大きく変わりますよ。

 

ちなみに私ホビーショップくらくらは、多分アルティメットニッパーがなかったら毎週届くサンプルキットをこんなペースで組めません(汗

 

以上、MGは難しくない!みんなでMG作ろうぜ!(まずは道具編)でした。

 

次回は(次回こそ)実践編を更新いたします。

 

 


「MGは難しくない!みんなでMG作ろうぜ!(まずは道具編)」への6件のフィードバック

  1. 最後は宣伝ですね。 さすが商売上手!(笑)でも道具で作業のし易すさは違ってくるのであっても良いと思います。ネットでも話題のニッパーは売り切れ続出だとか 皆もLet’s try

  2. コメントありがとうございます!
    ほら、店長って店長だから・・・(笑)

    片刃ニッパーはまだ入手が容易・・・とか思って今サイトを見たら売り切れてました(;´Д`)
    だ、大丈夫! すぐ再生産してくださるはずだから!

  3. ニッパーは高いのを使ったほうがいい・・・・
    悲しいけど!これ事実なのよねぇ!!

    タミヤ薄刃ニッパー、グッスマ極薄刃ニッパー、ミネシマ薄刃ニッパー、3PeaksのMK-02使ったけど、アルティメットニッパーが切断面が一番きれいでした。他の奴の倍近い値段しますけど、デザインナイフでゲート処理することを考えたら時間を買っていると言えなくもないですね。

  4. コメントありがとうございます。

    高いものにはそれなりの理由があるんですよね・・・、私も最初は値段に及び腰でしたが、今は手放せないマストアイテムです。

  5. はじめまして。

    最近小学生の息子とガンプラ再開したのですが、くらくら店長さんのブログを参考に、初めて合わせ目消し、スミ入れ、艶消しまでやってみました。

    少し合わせ目が残ってしまいましたが、ちょっとしたことでスゴくかっこよくなるんですね!!もうちょっと上達したら、自分へのご褒美に良いニッパーを買ってみようと思います。

    これからも新作レビュー等、色々楽しみに見させていただきたいと思います。

  6. そらパパ様、初めまして!
    ただ作るだけじゃなくて、色々な仕上げをされたんですね、素晴らしい!
    手を加えた分だけ、自分の中のスペシャルなキットになってくれますよね。
    これからもお子さんと楽しく組んでいってくださいね。

    ご感想、ありがとうございました!
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です