訳ありアルティメットは切れ味が悪いのか? 使用した感想


訳ありニッパーが現在大量に在庫あり!

アルティメットニッパーをお持ちでない方、チャンスですよ!

・・・とはいえ『訳あり』とある商品だとちょっとしり込みしちゃいますよね。

 

実際どう訳ありなのか?

公式さんのお話しと、実際に使用した感想などを記事にしちゃいます。

 

 

 

 

 

訳ありと書かれていると

『性能が悪いんじゃないかしら・・・切れ味が悪いんじゃないかしら・・・』などとと思いがちですが、それはちょっと違います。

 

大事なのは一体何を持って訳ありなのかという事ですね。

 

公式さんはツイッターでこう発言されています。

 

 

訳ありとして弾かれる原因は刃の長さや柄の長さ、開きの調整などが主なようで、肝心の切れ味の良しあしで訳ありニッパーとして販売されることはないようです。

あとはマイナーチェンジした際の仕様前のニッパーとかもこれにあたるそう。

 

考えてみればアルティメットニッパーの重要部分である切れ味に問題があるのに販売するというのは、ゴッドハンドさんのこだわりから考えても少し考えにくいところ。

商品の根っこの部分は問題ないけれど、規格が少し合わないなどの場合が訳ありとして販売されているのではないでしょうか。

 

 

私自身訳ありニッパーを数本購入して実際に使用してみましたが

 

正直違いがわからん

 

感じでした( ゚Д゚)

 

言われてみれば柄が短いかなぁ・・・とか、あ、ちょっと持ち手が溶けてるのか・・・くらいの感じ。

 

(比較画像をお見せできればいいんですが、お客様に貸出中でございまして・・・)

 

なので使用にあたってはほとんど問題を感じませんでしたよ。

 

 

訳ありでもアルティメット!

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です