HGBF ドムR35 サンプル 素組完成 レビュー


CIMG5741

 

青いドムって・・・素敵。

重厚なフォルムと尖った装備、遊ぶよりも飾る方が似合いそうな感じを受けました。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

このキットはバンダイさんからの有償サンプルです。

 

 

 

 

CIMG5686

CIMG5687

CIMG5688

CIMG5689

CIMG5690

CIMG5691

CIMG5692

CIMG5693

 

 

四方からグルリ。

 

CIMG5695

盾を外したところ。

保持用のジョイントが少し目立ってしまいます。

CIMG5696

 

腕のデザインは左右あまり変わらないのでジョイントを内側にしてしまえばそこまで目立たない・・・かも(強引

 

CIMG5694

CIMG5697

CIMG5698

CIMG5699

CIMG5700

CIMG5701

CIMG5702

CIMG5703

 

各部をアップで。

当然と言えば当然ですが、HGUCドムとは可動などが変わっています。

思い切った青ですが個人的には好きです。

 

CIMG5704

 

肩アーマーには大きくラインがでますが、見る限りは段落ちがあります。

ゲート跡が出てしまうのがちょっと悲しいところ。

 

CIMG5707

CIMG5708

CIMG5709

 

HGUCドムとの比較。

 

CIMG5710

続いて可動。

足は極端に大きく開きませんが、そこそこの可動域。

 

CIMG5711

膝立ちができちゃう。

CIMG5714

膝周りの可動。

HGUCのドムとは関節の作りが異なっているので深く曲げることが可能。

CIMG5715

パーツを外してみたところ。

膝の関節が2重的な構造になっているのでより大きな可動ができるようになっています。

・・・なってはいるのですが、少しポロリしやすい印象。

ポリパーツとのかみ合わせもありますが、2重構造の為か膝を可動させようとすると下側の関節部が連動しきれずポロッと行きやすい印象。

足底を押さえながら可動させてしまえば大丈夫なんですが、何の気なしに動かすと外れちゃうので少し注意。

(個体差かも知れません)

CIMG5718

ふくらはぎ部のバーニアは可動します。

 

CIMG5712

CIMG5713

 

足首周りの可動。

 

CIMG5716

フロントスカートの可動。

左右独立可動をしてくれます。

 

CIMG5717

サイドスカートも可動。

CIMG5720

CIMG5719

 

リアのバーニアは可動、並びに展開が可能。

 

 

CIMG5721

CIMG5722

CIMG5723

 

腹部周りの可動。

CIMG5732

腰をねじってみたところ。

そこまで大きく曲がりません。

 

CIMG5724

肘の可動。

CIMG5725

肩周り。

肩アーマーに腕を接続し、胴体と肩アーマーはボールジョイントで接続する感じになっています。

ちょっとそのボールジョイントが外れやすい感じ。

 

CIMG5726

CIMG5727

 

肩自体の可動。

引き出しはそこそこ。

CIMG5728

CIMG5729

 

首回りの可動。

横の可動は苦手ですが、上向きには大きくうごいてくれます。

 

CIMG5730

HGUCドムとの比較。

 

 

CIMG5746

CIMG5749

CIMG5744

モノアイはボールジョイントで固定されており、大きく動かすことが可能。

 

 

 

CIMG5733

つづいてシールド。

外側はシールで色再現されています。

 

CIMG5734

持たせてみたところ。

シールドには2か所手持ちできる部分がありますが、どちらで持たせてもジョイント部で固定できるようになっています。

CIMG5735

CIMG5736

盾のジョイント部。

CIMG5737

持ち手を変えたところ。

 

CIMG5738

スパイクを前面に。

・・・ジャ、ジャンクマンだ!

 

CIMG5739

 

シールドだけで。

ギミックも可動も良いので存在感の強いアイテムとなっています。

ちなみにドムR35にはこの武器しかついておりません。

 

CIMG5741

CIMG5742

CIMG5743

CIMG5745

ポージングを何枚か。

 

CIMG5747

ドムの装備であれば装備させることがなんとか可能。

CIMG5750

 

CIMG5751

ぁ・・・やっぱりドムにはバズが似合う・・・!

しっかり構えさせるには少し加工が必要ですが、無加工でも写真程度のポージングは可能です。

 

 

CIMG5788

CIMG5789

 

『大人げないぞ、名人!』

・・・本当はグフR35のサーベルを装備させたかったんですが、新店舗に運んじゃっていたのでMGグフの手首ごと移植。

長さ的にはしっくりきてると思います。

 

 

CIMG5748

CIMG5752

 

最後はドムさんと一緒に。

 

 

パーツと保持と付属の武器などに若干の不満が残りますが(ヒートサーベルはほしかったなぁ・・・)

このフォルムには大満足。

バシィっと決まるポージングで飾っておきたいですね。

 

以上、素組レビューでした!

,

 

 

 

 

 


「HGBF ドムR35 サンプル 素組完成 レビュー」への4件のフィードバック

  1. ジャンクマンとは懐かしいです。ドムにはゴツい武装が似合いますね。もちろん盾だけの武装も漢の浪漫があって良いのですが問題はメイジン以上に大人気ないのが問題ですね。 次の機体が出るとしたらと期待してしまいます。

  2. コメントありがとうございます!

    もしかしたら今後何かしらの拡張があるのかも知れませんね(使用していない接続部とかも実はあったり

  3. ドム、R35の2パターンのランナーがあるのが興味深いです。

    reviveは最新の成型技術って触れ込みなので、reviveドムは新規で、R35のドムランナーはドムの派生機のキット化のときに活用されるんじゃないかな〜?
    とかreviveガンキャノン組んだら、思いました。
    全然違う話ですが、reviveガンキャノンは凄くよかったのでreviveに期待したいです

  4. コメントありがとうございます!

    グフR35の時も同じようなランナーがあったので、これが今後どういう派生を見せるのか個人的にも気になります。
    オリジン系に再利用されるのならそれはそれで・・・(*’▽’)

    reviveシリーズいいですよね!
    しばらくは続くシリーズだと思うので、毎月楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です