HGBF クロスボーンガンダム X1 フルクロス TYPE.GBFT サンプル 素組 レビュー※画像追加


CIMG1790

 

パール成形色は、伊達じゃない!

なんとブラックライトに反応します、クロボンX1フルクロスGBFT!

色にこだわりを感じるキットでございます。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

→ 宮沢模型展示会のレポートはコチラ

 

 

 

 

CIMG1747

CIMG1754

CIMG1753

CIMG1752

CIMG1751

CIMG1750

CIMG1749

CIMG1748

 

四方からグルリ。

クロスボーンに続いてフルクロスもHGでキット化・・・いい時代になったなぁ。

フルクロスユニットだけではないんですが、ダクト部分やラインなどシールによる色再現が多くなっています。

全部をパーツで再現させようとすればかなりのパーツ数になるので、それも致し方ないところも。

CIMG1793

CIMG1795

CIMG1796

 

通常版のX1と色比較(本当は魔王があればよかったんですが、ウチ組んだキットがなくて・・・申し訳ないです。

白の成形色はもちろんのこと、胴体などの黒に近いグレーも濃紺になっているのがわかります。

関節などの色は同じの様ですね。

胸回りのパーツが違うというのもわかります。

 

CIMG1755

肩のスカルヘッド。

瞳部分はシール再現になっています。

貼るのにちょっとコツがいるので、上側のスキマに少し差し込むようにしてあとは爪楊枝などで軽く圧着させてやると良いかも。

CIMG1867

CIMG1868

CIMG1870

CIMG1869

※コメントでスカルヘッド、並びにフルクロスの詳細を知りたいとお話しをいただいたので画像追加。

 

 

 

CIMG1766

CIMG1768

 

スカルヘッドは取り外し、拳に装着が可能。

牙部分も可動します。

 

CIMG1759

CIMG1760

CIMG1762

CIMG1763

 

 

フルクロスユニットはボールジョイントになっている為、かなりフレキシブルに動いてくれます。

 

CIMG1764

フルクロスユニットの裏側。

 

CIMG1765

接続は肩のパーツを差し替えます。

 

CIMG1756

胸パーツはフルクロス専用のパーツ。

ドクロマークがすてきですね。

 

CIMG1757

襟の内側はシール再現。

CIMG1758

通常版と本体はほとんど仕様が変わらないので、フェイスオープンは差し替え。

分解がちょっと面倒なので気軽に変えられないのが残念。

 

CIMG1771

 

胸のフルクロスユニットは胸部パーツに挟み込んで固定させるようになっています。

 

CIMG1770

 

ユニットは割合自由に動くので、腕の可動もそこまで大きく干渉されない感じ。

 

まさにマントのスキマから・・・という感じですね。

 

CIMG1772

ビームザンバーなど、この辺は通常版のクロボンX1と仕様は変わらないようです。

 

CIMG1773

ハンドパーツも同様、通常版と同じく3種5パーツとなっています。

 

CIMG1798

通常版と同じくコア・ファイターも再現。

 

CIMG1775

CIMG1776

CIMG1777

 

フルクロス追加武器、ムラマサブラスター。

持ち手の位置を変える事で設定通りビームガンとしても装備できます。

 

CIMG1785

 

ビームエフェクトを全て付けたところ。

非常に大きく見栄えがしますが、ちょっと重すぎてポーズとらせるとへたっちゃうことが。

これはピーコックスマッシャーも一緒でした(個体差の可能性もありますが・・・

CIMG1778

CIMG1779

ピーコックスマッシャー。

形は非常によいです。

ただご覧の通り1色で作られているので、設定通りに塗るのはちょっと大変かも。

 

CIMG1780

フル装備。

うーん・・・ごつい!いかつい!

フルクロスは通常のX1と本当に印象が変わりますね。

個人的にはこっちの方が好きです。

 

CIMG1781

CIMG1783

CIMG1784

CIMG1787

CIMG1788

 

構えたところを何枚か。

長物って男の子ですよね・・・ちょっと重さがあるのでハンドパーツが負けたり、腕の関節が下がってしまったりすることがあったので、飾り方を少し気を付けるか補強をしてあげるとよいかも。

 

CIMG1791

CIMG1792

 

ムラマサブラスター、ピーコックスマッシャーは腰にマウントできます。

 

CIMG1789

CIMG1790

 

そして今回お客様に言われて何気なくびっくりしたのがこちら!

なんとブラックライトで光ってくれます。

今回は思いっきり広範囲が光るのでかっちょいい!

こういう遊び心、大好きです。

 

 

色々楽しいギミックも、手の加え甲斐のあるキットですよ!

 

以上、HGBF クロスボーンガンダム X1 フルクロス TYPE.GBFT サンプル 素組のレビューでした!

 

,


「HGBF クロスボーンガンダム X1 フルクロス TYPE.GBFT サンプル 素組 レビュー※画像追加」への6件のフィードバック

  1. これを塗り分けるのが大変なのは画像からでも伝わりました。ましてやパールだから下手に切った貼ったが出来ない強者のキットで完全合体をさせたヨーロッパチャンピオンの腕は半端ないですね(笑)デカさ無視なら昔のシャイニングとか出来ますがこれはちと無理っぽいですね。あれ?インパルスも出来ましたね。店長さんチャレンジして見て下さい。応援してます(爆)

  2. 部分塗装よりもいっそ全部塗ってしまった方が楽・・・かも知れませんね。

    改造・・・機会があればね・・・・|д゚))))

  3. パールは調合が難しいのでオリジナルでも良いですよね。改造は時間がナイト…無いと難しいですが無理しないで下さい。寝る時間を削ってアイデアを練る必要ないですからね。

  4. 肩のフルクロスマント部分を詳細に示してもらえますか?

  5. マントとスカルフェイスをどのように肩に接続していることを知ってみたい。発売まで待っている間に準備すべきことが多く発売する前に、事前に知っておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です