HGCE フリーダムガンダム REVIVE サンプル 素組 レビュー


CIMG6771

 

フルバーストって男の子ですよね。

ラインなどの色分けはシール再現ですが、かつてのHGを思うと劇的な進化を遂げています。

スタイリッシュなプロポーションもまた素敵!

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

このキットはバンダイさんからのサンプルです。

 

 

CIMG6735

CIMG6736

CIMG6737

CIMG6738

CIMG6739

CIMG6740

CIMG6741

CIMG6742

 

四方からグルリ。

締まるところはビシッと締まっている印象を特に強く感じます。

REVIVEシリーズは今のところスマートな印象があります。

 

CIMG6743

CIMG6745

CIMG6746

CIMG6747

CIMG6748

CIMG6749

CIMG6750

 

各部をアップで。

サーベル柄の固定が少しゆるく、ポロリしやすい気がします。

 

CIMG6751

続いて可動。

レール砲をよけてやる必要はありますが、開脚は良好。

(可動確認の時はサーベルを外しております)

CIMG6752

意外なことに正座が可能。

足のつけ根の可動が極端に大きい訳ではありませんが、つま先が動くのでおさまってくれます。

 

CIMG6753

CIMG6754

 

可変機じゃないのにHGでつま先が動いてくれるのは嬉しい。

CIMG6756

足のつけ根はロール軸になっているので開くことが可能。

CIMG6755

腰の可動。

左右に大きく回転、前後にも多少ですが可動するようになっています。

 

CIMG6757

肘の可動も大きく。

 

CIMG6758

REVIVEガンダムと同じく肩が上方向に大きく可動。

CIMG6759

首の可動は襟元を交わせば左右には大きく。

 

CIMG6760

顎引きはそれなり。

バックパックもモードの関係で大きく動いてくれます。

 

ちなみに今回ハンドパーツは握り手1種2個のみです。

ここは正直寂しい。

 

CIMG6761

ハイマットモード!

足先の可動もあって、ポーズが決めやすいです。

このフリーダムは地面に立たせるよりもベースで飾る方が映えますね。

CIMG6762

シールド。

側面の赤はシールですが、他は細かくパーツ分けされています。

 

CIMG6763

CIMG6764

 

ビームライフル。

青いラインはシールですが、こちらもこまかくパーツ分け。

ライン部分はシールでの色再現になっている場所が多く、面積が長広いシールが多いので貼り付ける場合は注意してください。

店長は副店長に結構貼ってもらいました。

塗った方が案外楽かもしれません。

CIMG6766

CIMG6767

CIMG6768

 

レール砲の展開。

側面には保持用の引きだしグリップがあるので固定ポーズが取らせやすいです。

CIMG6772

ビームサーベル。

柄にはジョイントがある為

CIMG6773

双刃状態にすることも可能です。

以前のHGを思うと泣きたくなるほど嬉しいのでは・・・。

(レビューに当たって調べましたが、以前は持ち手付きのサーベルだったんですね)

 

CIMG6774

ライフルは腰にマウント可能。

 

 

CIMG6769

 

ハイマットフルバーストモード!

パーツ差し替えなし、変形させることで再現可能です。

頭部アンテナが少し外れやすいので組み換えの時は注意。

CIMG6770

CIMG6771

 

最後に角度を変えて。

 

ハンドパーツが少ない、サーベル柄やアンテナなど一部ポロリしやすいなど少し不満は残りますが、作中のかっこよさを強く再現されていると思います。

シールに関しては不満というよりもよくあの量で抑えたものだなぁと感心。

 

貼りにくさは正直感じましたが、そこは塗装してしまいたいところ。

 

ベースをお持ちでない方は是非ベースと一緒に購入してかっこよく飾ってやってください!

以上、素組レビューでした。

 

,


「HGCE フリーダムガンダム REVIVE サンプル 素組 レビュー」への4件のフィードバック

  1. 最初 広告や、雑誌を見たときは、『ん?あんまり変わった様に見えんな・・・』
    ?(ー_ー;)

    と、思いました。

    んが!レビューを見て やっと違いが見えてきた。(°▽°)

    旧キットに比べて 靴が薄くシャープに、爪先も動きやがる。

    頭部もメリハリがしっかりして 少し精悍に見える気が。
    グレーの『頬当て』が厚い印象が有るけど良く出来てるなぁ。

    それに良く動くわぁ( ̄▽ ̄;)

    ふと、昔 買った、
    『EXTENDED MS IN ACTION!! フリーダムガンダム』を思い出しました。

    あれをスマートにしてプラキット化したら こんな感じでは無かろうか?
    あれも良く出来てたんですよねぇ~。( ̄。 ̄ )

    う~ん 欲しくなってきたなぁ~(;・∀・)

  2. コメントありがとうございます!

    そういっていただけるとレビュー冥利に尽きます(/ω\)

    以前のHGに比べて『ポージングでスタイリッシュに魅せる』事が可能になっており、ポージングのさせ甲斐があると感じました。

    素敵なキットだと思いますので、是非ご堪能ください!(*’▽’)

  3. くらくら店長さんはじめまして。 

    私のガンプラ人生の原点となったフリーダムガンダムが約12年(HGなら11年)の時を超えてREVIVEした姿を見ていてもたってもいられずコメントをしました。

    確か、当時新商品で発売されたばかりのコレクションシリーズのフリーダムを親にねだって買ってもらったのがすべての始まりでした。w

    それまでプラモデルなんて触った事すら無いので当然ニッパーも何も無く、ハサミや手で無理矢理パーツを切り出して組むという状態でしたがそんな私でも簡単に格好いいガンダムを完成させる事が出来て凄く感動したのを今でも良く覚えています。

    その後、初めてのHGとなったストライクノワールで1/144でもここまで動くのか!と驚き、ダブルオーでさらに可動域が広がった事に驚き、色分け・可動域ともにトップクラスのAGEシリーズで萎みかけたガンプラ熱に再び火がついてBFやGレコで従来の概念に捕らわれないデザインのモビルスーツ(ガンプラ)が矢継ぎ早に登場するなど常に進化し続けるガンプラにそのたび驚かされてばかりですが、そんな中ついに12年の時を超えた今HGでも色分け・可動域ともに完璧なフリーダムガンダムがまもなく発売されるという事に感慨深い思いでいっぱいになりました。

    これはコレクションシリーズの方も一緒に購入して当時を懐かしみながら12年分の進化に改めて驚き、感動したいと思います。

    長々と失礼いたしました。

  4. コメントありがとうございます!

    フリーダムにかける想い、とても気持ちよく読ませていただきました。
    私が初めて作らせてもらったのは一番最初の旧キット1/144ガンダム、年齢的には幼稚園年中と非常に早い頃でしたが、兄が作っているのを観て憧れてねだって買ってもらいました。
    初めてのキットの記憶というのは色あせないものですね(/ω\)

    あれから少しプラモを作る期間は空いてしまいましたが、今こうして模型屋になってガンプラに触れると、クランシェさんと同じく進化に驚き感動するばかりです。

    ガンプラ誕生と同い年なので、これからもガンプラに関わっていければ・・・と決意を新たにしております。

    暖かいコメントありがとうございました!

    ホビーショップくらくら 店長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です