HGBF トライオン3 素組完成品 サンプル レビュー


CIMG4485

 

トライオン!スリイイイイイイ!

ニコ生の組立実況で組み立てましたトライオン3、さっそくレビューでございます。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

このキットはバンダイさんからの有償サンプルです。

 

 

 

CIMG4409

CIMG4410

CIMG4411

CIMG4412

CIMG4413

CIMG4414

CIMG4416

CIMG4417

 

四方からグルリ。

どこから見てもビビットな色!

素体の関節などは元キットのZZとかなり同じ・・・だと思います。

実は元機のZZを組み立てたことがなく・・・比較などが多少違うかもしれません、ご容赦。

あくまでもこのキット単体としてレビューしていこうと思います。

 

 

CIMG4418

色々とアップで紹介。

アンテナ自体は新パーツですが作りはZZと変わらない様です。

ZZのアンテナも使いませんが付属していました。

 

CIMG4420

 

胸とか腕とか。

ヒートウィングの黄色はシール再現。

ガイドのラインなどはないのでパーツの形に併せて貼るのがいいかと。

 

 

CIMG4423

足元。

 

 

CIMG4424

背面。

バックパックは陸トライオンの胴体がくっついています。

 

CIMG4425

背面下半身。

この向きだとダブルゼータっぽさが強く残っていますね。

 

 

CIMG4428

腰回りアップ。

 

 

 

 

 

CIMG4430

CIMG4431

続いて可動。

胸のリクトライオンの口は開閉可能。

 

 

 

CIMG4432

 

口の中のシールは選択式。

折角なのでこっちを選んでみました・・・誰?

 

 

 

CIMG4433

CIMG4434

CIMG4435

 

首回りの可動。

パーツの形から窮屈そうなイメージがありましたが、思っていた以上に大きく動いてくれます。

CIMG4436

肩の上がり具合。

 

CIMG4437

肘の可動。

CIMG4438

CIMG4439

ヒートウィングは羽根自体だけではなくその基部も可動します。

CIMG4440

CIMG4441

 

腰部の回転可動・・・どう動いているのかわからないくらい小さくしか動かない(;´Д`)

バックパックなどに干渉しているようです。

CIMG4455

CIMG4456

 

ちなみに腰の接続はこんな感じ。

CIMG4443

サイドアーマーは腰ではなく太もも側に接続されています。

 

CIMG4447

膝立ちは意外に超安定。

クローが設置するので高さを調整しやすく、ピッタリ収まってくれます。

CIMG4448

開脚、あまり大きくは開きません。

ですが足の大きさもあってか接地性は非常に良く、バランス良く立ってくれます。

 

CIMG4449

足と膝の曲がり具合。

膝はパーツの干渉もありそこまで大きくは曲がりません。

つま先はそこそこの可動。

CIMG4451

CIMG4452

 

クローは可動式。

小さな爪も可動してくれます。

 

CIMG4464

作中では使われませんでしたがサーベルも装備可能。

サーベルエフェクトはMGなどに使われるものと同じ大型の物になっています。

 

CIMG4466

両手に持ち手があるので二刀流も可能。

 

CIMG4462

ハンドパーツは2種4パーツ。

サーベル持ち手と拳。

 

 

CIMG4463

ライフル用持ち手も作成可能ですが、本作ではあまりパーツとなっております。

 

CIMG4467

腕の向きは変えることができるので、こんな構えも可能。

 

CIMG4535

超咆剣ハイパーミノフスキー・トライザン!

もうこのポージング以外で撮影する気にならない!

実はスゲー撮ったよ!

CIMG4469

CIMG4470

CIMG4472

CIMG4473

 

実はビームサーベルの柄を付けてないのに途中気付いて泣く泣く撮りなおしたんだぜ!(涙

 

みんな取りたい勇者パースですが、微妙に取らせにくいです・・・。

柄の回転によって両手どちらでも持たせることができるんですが、固定用のダボ穴が1か所しかないので両手で固定させることができません。

うまく引っ掛けないと難しいのと、剣を固定させている方の手が重さにまけてしまいがち。

持ち手のジョイントを接着剤などで少し太らせてやるとポーズを取らせやすいと思います。

・・・とはいえこの画像もまだまだ真のサンライズパースには遠く(/ω\)

精進します、左手の形状から考察の必要があるかも。

 

CIMG4537

柄周りのアップ。

羽根の部分はスタービルドのエフェクトから流用。

この使い方を思いつくってすごいなぁ・・・。

 

CIMG4474

CIMG4475

 

(サーベル柄がついていないですが許してください)

柄は回転する仕様になっているため、左右どちらにも持たせることが可能なのはもちろんの事、微妙なポージング調整もしやすくなっています。

CIMG4459

 

本体との長さ比較。

あっぱれな大きさ(*ノωノ)

これを保持できるというトライオンもすごい・・・。

 

CIMG4408

組立前に撮影した大きさ比較。

MG並の刀身になっています(笑)

 

CIMG4477

ダブルキャノネード!

 

CIMG4478

ハイメガキャノン!

(外してないけど)ブーメランスタッガ!

CIMG4479

ライガーグレア!

 

CIMG4480

ラプターブレイカー!

 

CIMG4481

きゃー。

※割とがっちり固定できます。

CIMG4483

アームド!ブーーーースタアアアアアア!

 

 

CIMG4485

トライオオオオオオオオン!スリイイイイイ!!

 

CIMG4486

・・・。

 

CIMG4487

※作った人は同じ人です。

 

 

CIMG4460

ライトニングと大きさ比較。

大きいイメージのあるトライオンですが、並べてみるとそこまでおおがたでもなかったり

(ライトニングは背負い物を込みだとかなり大きく見えるというのもありますが)

CIMG4534

ちなみにコアファイターは組立可能。

説明書にも組立方法が記載されています。

 

CIMG4488

そして今から分離。

思うさまバラバラにしていきます。

 

 

CIMG4503

CIMG4504

CIMG4505

CIMG4506

CIMG4507

CIMG4508

CIMG4509

CIMG4510

リクトライオンを四方からグルリ。

 

CIMG4498

足部分の関節がフレキシブルに稼動してくれるので接地性もよく、色々な動きを取らせることができます。

 

CIMG4499

伏せ。

・・・かわいいなコイツ。

CIMG4501

背負いものをなくすとよりかわいく。

 

CIMG4502

ちょっと苦しいですが香箱も組めます。

 

 

 

CIMG4511

CIMG4512

CIMG4513

CIMG4514

CIMG4515

CIMG4516

CIMG4517

CIMG4518

 

ウミトライオンを四方からグルリ。

モチーフはマンタだそうです。

 

CIMG4519

CIMG4520

 

上下から。

 

CIMG4521

アップで。

瞳に当たる部分はシール再現になっています。

 

 

 

CIMG4522

CIMG4523

CIMG4524

CIMG4525

CIMG4526

CIMG4527

CIMG4528

 

3体の中で一番手の込んでいるであろうキット、ソラトライオン。

変形がちょっとめんどうくさいんですが、見栄えは一番いい気がします。

 

CIMG4530

上側から。

ウィング(スタービルドと同じプラフスキーウイング)は二段階に可動。

 

 

CIMG4531

下側から。

逆関節だったり動物的なシルエットになっているのがすごい!

 

CIMG4533

きゃー(しつこい

 

 

 

CIMG4535

 

最後はやっぱりこの画像で!

 

HGだと侮るなかれ、相当なパーツ数で作り甲斐のあるこのキット。

腰のサイドアーマーなど一部ヘタリやすそうな部分があったり可動が厳しいところもありますが、作ってて楽しい勇者系アイテム!

トライオン好きな人には是非手に取ってもらいたい、欠点も魅力に見えてくる不思議なキットですよ!

もし可能ならメタリック調に塗装しちゃいましょう。

 

以上、トライオン3のレビューでした!

 

,

 

 

 


「HGBF トライオン3 素組完成品 サンプル レビュー」への12件のフィードバック

  1. 今晩わ

    本日地元でトライオン3購入しました。

    ΖΖと二個一すればトライオン3カラーのΖΖか、ΖΖカラーのトライオン3が出来たり、スタービルドストライクの青い翼とトライオン3のピンクの翼の取り換えも楽しめそうです。

  2. コメントありがとうございます!
    面白素敵なキットですよ!

  3. コメントありがとうございます。

    トライオン購入お疲れ様です、ZZカラーのトライオン・・・なかなかそれもかっこよさそうですね!
    そうなるとスタビルの青い羽根がより似合いそうな気がします(*’▽’)

  4. Ⅲ(ドライ)も混ぜると えらい事に・・・・w

    エフェクト は黄色でしたね。

    しかし、このキット見てると 何故だろう・・・・昔のプラモデルを思い出すんですよね~。

    アオシマのプラモデルとか・・・・

    「バンダイ模型」時代のプラモデルとか・・・・
    (歳がばれる・・・)

    リクトライオン のキットを初めて見たとき 真っ先に思い出したのが

    『バンダイ模型 未来ロボ ダルタニアス (変形合体) 【初版】』w

    この中にあった ライオン型ロボ の【ベラリオス】!!
    (歳がばれる・・・)

    知らない人、 興味がある方は ググって 見比べてみてねwww( ̄▽ ̄;)

  5. もしHGUCでFAZZ出てれば、改造してグレートトライオンなんてのも…
    作っててそんなことを考えてました(笑)
    夢が広がりますなぁ‼

  6. コメントありがとうございます!
    アオシマの香り、しちゃいますか(笑)
    私のこのキットをみていると郷愁の念に駆られてしまいます。

    もちろんクオリティは全く違いますが、カバヤとかそういう感じの・・・|д゚)

  7. コメントありがとうございます!

    勇者物の醍醐味は後半のパワーアップですからね!
    むしろ色々くっつけてカスタマイズしたいところ・・・。

    夢が広がりますね!(*’▽’)

  8. プチッガイは何回狩猟されて食べられてしまったのだろう
    それを考えると夜も眠れない (たっぷり昼寝しますw)

    今、作ってます〜
    確かにリクトライオンはカワイイ感じがしますね。
    猫トライオンって感じw

  9. コメントありがとうございます!
    プチッガイはいろんなところに組み込みやすいので、ついやっちゃうんですよね~(笑)

    リクトライオンはそのままだとかわいいですよね!
    それはそれでお気に入りなんですが(*’▽’)

  10. 自分なりに使っている超咆剣の持たせ方をお教えします。
    使用するのはトライオン3の銃持ち手用に余る手甲とユニコーンのサーベル持ち手を使います。
    まず、UCのサーベル持ち手をインディブルーで塗装します。通常UC、FAUCのどちらを使うかは下地の色で選んでください。塗装したら手甲を付けます。手甲はそのままですと緩いので接着させます。これで完成です。

    片方の手はサーベル持ち手、もう片方の手を作った持ち手にすれば超咆剣を持った時の安定性は十分に上がります。

    個人的な感想ですが色、持ち手を付けた時の違和感はあまり感じませんでした。

  11. コメントありがとうございます。

    大変参考になりました、他のキットとのミキシングは考えていましたが、キットまではっきり教えていただき感謝いたします(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です