HGBF ガンダムジエンド サンプル 素組完成 レビュー


CIMG3054

 

動きよくギミックにも様々な試みを感じる意欲的なキット!

いじってて面白い・・・やるなアドウ・サガ!

このキットはバンダイさんからの有償サンプルでございます。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

 

 

 

 

CIMG3022

CIMG3029

CIMG3028

CIMG3027

CIMG3026

CIMG3025

CIMG3024

CIMG3023

 

ガード形態で四方からグルリ。

説明書によるとベース機体はありませんがデスサイズヘルなどを参考にされているそう。

個人的にはサタンガンダムだな~と思わずにいられませんでした(笑)

この形態の時はマントも併せてつけているイメージがあるので、少し作中と雰囲気が違いますね。

 

CIMG3030

CIMG3031

CIMG3032

CIMG3033

 

ガード状態ですこしアップ。

パーツによる色再現もかなりおおいですが、一部シールによる色再現があります。

特にガンダム顔が多いのでガンダム顔のシールがたくさん!

 

CIMG3035

マントはピン同士を噛ませて保持する形になっています。

 

 

CIMG3034

ちょっと飛んでみたり。

ウィングを閉じたガード形態でも可動はそこそこに良好。

 

 

 

 

CIMG3036

CIMG3037

CIMG3038

CIMG3039

CIMG3040

CIMG3041

CIMG3042

CIMG3043

 

アタック形態に変形させ四方からグルリ。

ウイングがかなりフレキシブルに動くので本体の可動をほとんど妨げずポージングを取る事ができます。

このウイングの形、個人的に超好み・・・!

 

CIMG3044

肩の可動。

肩のポリパーツが下から上にせりあがる感じの仕組みになっている為、いかり肩調のポージングが可能。

 

CIMG3045

肘も深く曲がります。

 

CIMG3090

CIMG3091

CIMG3092

 

首回りの可動。

多少の干渉はありますが概ね良好な可動域。

 

CIMG3093

腰は干渉するところが少ないので大きくスイングできます。

 

 

CIMG3046

CIMG3047

下半身周りの可動。

良く開き、よく曲がる!

ちょっと膝周りの関節の露出具合が気になりますが、大きく動いてくれます。

 

CIMG3052

ハンドパーツは3種6パーツ。

拳と開き手、銃用のハンドパーツとなっています。

CIMG3053

銃は持つというより差し込んで固定させるという感じ。

 

CIMG3054

CIMG3056

 

スタイリッシュ射撃。

CIMG3073

ライフルは保持パーツで腰部に保持することが可能です。

 

 

CIMG3048

CIMG3049

CIMG3050

CIMG3051

 

フィストジエンドのアップ、及び可動。

4本の指が全てついている為、単指での可動は困難。

パーツの保持は良好なので接合部を切り離せば単指での可動改造はそこまで難しくないと思います。

 

CIMG3057

多関節アーム、並びにフィストジエンドの展開。

多関節アームは軟質素材でできており、角度を付けることができます。

CIMG3058

CIMG3059

CIMG3060

フィストジエンド展開のアップ。

展開は差し替えで再現となります。

さすがに牙などは色再現はなく。

ここは部分塗装してあげたいですね。

 

CIMG3061

 

 

アクマッガイ形態!

なるほど、クマっぽい(違

肩パーツ、胸パーツは接続位置を変える事で形態を変更させます。

 

 

 

CIMG3062

おや?ジエンドの様子が・・・。

 

CIMG3063

 

ぺふぁ(寄生獣風

ジエンドの最終形態ともいえる最終脱ガンダム形態(イッカク)。

 

CIMG3064

CIMG3065

CIMG3066

 

角度を変えて何枚か。

白以外はシールで再現。

アンテナはシールだと白が余ってしまう感じがあるので塗ってあげたいところ。

細かい色再現はさすがにされていませんが、かなり雰囲気が出ています。

 

CIMG3067

CIMG3068

CIMG3069

 

肩、首、胴体の接続部はボールジョイントの為イッカクは相当アグレッシブに動いてくれます。

ひじ関節こそ動かないものの、彼は相当ヤンチャです。

 

 

CIMG3070

『よ、二人とも!』

『『・・・』』

 

CIMG3072

最後にチーム全員で。

 

 

様々な形態を再現、さらにイッカク自体も動くというサービス満点の作り。

一部肉抜き穴などは気になりますが、それを差し置いても遊び甲斐のあるキット。

 

アクションポーズも取らせやすいのでポージングさせて飾らせるのもいいですね。

 

放映中はあんまり気にならなかったんですが、ジエンド・・・素敵だなぁ。

 

 

以上、ジエンドレビューでした!

,


「HGBF ガンダムジエンド サンプル 素組完成 レビュー」への4件のフィードバック

  1. マントを脱ぐとマッシブで格好いい機体なんですよね。出来ればスレッガーと戦いを見たかったです。

  2. キットとしてできることも多く、いじりがいありそうなこのキット。
    是非須賀との戦いをミキシングを7踏まえてやってみたいところですね。

  3. はじめまして~♪

    とうとう、ジエンド発売か・・・

    このフォルム、色、艶、羽・・・・・。

    ダメだ・・・夜の台所の『G』に見えて仕方がない(´Д`|||)

    イッカクさん・・・エクトプラズム吐いてる様に見えて仕方がない( TДT)

    と、悪口を言いたい訳では無いのですよw( ̄▽ ̄;)

    今までのガンプラに無い【自由】さがある注目のキットですよね。
    ビルドファイターズ系のガンプラは個性的で好きです。

    これからも期待!

  4. コメントありがとうございます!

    しまったそんな見方もあったか(笑)
    翼の展開ギミックとか、最小限かつ効率よく動くようになっていていじって発見のあるキットでしたね。

    こういう自由さが技術の向上を産んでいるのかな~とか思う時も。
    同じく今後も楽しみです(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です