素組 HGBF ライトニングZガンダム サンプル  レビュー


CIMG5926

 

子どもの頃、初めてゼータのプラモを見た時の様な感動を感じました。

関節周りの細かな工夫もあり、本当にかっこいいキット!

そんなライトニングZガンダムさんのレビューです。

→ パーツなどの内容紹介はコチラ

このキットはバンダイさんからの有償サンプルです。

 

 

 

CIMG5858

CIMG5859

CIMG5860

CIMG5861

CIMG5862

CIMG5863

CIMG5864

CIMG5865

 

四方からグルリ。

バックパックの形にまず目が行きますが、足回り、腕周りなども通常のZとは違うデザインになっています。

 

ふくらはぎのウィングですが、そのままだと良くポロリしてしまうので接着してしまうのも手かと思います。

 

 

CIMG5866

CIMG5867

CIMG5868

CIMG5869

CIMG5870

CIMG5872

CIMG5873

CIMG5874

CIMG5875

CIMG5876

 

各部をアップで。

大きく目立つ合せ目などはほとんどなく、そのまま組んでも高い完成度だと感じます。

 

CIMG5877

可動部のご紹介。

大きく開脚可能。

 

CIMG5878

CIMG5879

 

ひざアーマーがどう影響するか不安でしたが、むしろそのおかげで膝立ちポーズがビシィっと決まります。

 

CIMG5880

CIMG5881

正座っぽいポージングも可能。

 

 

CIMG5882

足先の可動。

 

CIMG5883

あぐらもかける!

CIMG5909

足のつけ根にロール軸があるのでがに股的なポージングも。

 

 

CIMG5884

腰回りはパーツの干渉もありそこまで極端には回りません。

 

CIMG5885

CIMG5886

 

前後の可動。

 

 

CIMG5887

肘はぐいっと曲がります。

このライトニングさん、肘周りが少し面白い構造になっておりまして・・・

 

CIMG5888

CIMG5889

 

こんな感じで通常の関節より少しポージングの幅が広く、腕周りの表現が多彩になっております。

CIMG5890

CIMG5891

 

肩周り。

 

CIMG5892

CIMG5893

 

肩アーマーも大きく動かすことができます。

 

CIMG5895

胴体と肩の接続。

 

CIMG5896腕はかなり前に持ってこれます。

腕部分に合せ目が目立っているような感じになっていますが、段落ちとなっております。

 

CIMG5897

CIMG5898

CIMG5900

CIMG5901

 

首回りの可動。

パーツが少し干渉しますが、そこそこ動いてくれます。

 

 

CIMG5904

つづいてバックパック。

中央のスラスターが上下に可動します。

 

CIMG5902

CIMG5903

 

左右のバックパックはボールジョイント接続の上基部自体も可動してくれます。

少しポロリしやすい印象も。

 

CIMG5905

CIMG5906

 

一番外側のウィングは可動させることで形をかえることができます。

CIMG5919

バックパック下部の赤はシール再現。

 

 

CIMG5910

CIMG5911

CIMG5912

 

続いて武装。

シールドには設定上メガ粒子砲が先端に内蔵されており、火器としての運用も可能。

 

その為持ち手も用意されています。

 

CIMG5918

シールドの突起は可動します。

 

 

 

 

CIMG5913

続いてライフル。

 

CIMG5914

CIMG5915

持ち手、ガード的なパーツは可動。

バックパックにジョイントできる関係上持ち手などは内部に収納することができます。

 

 

 

CIMG5917

センサーなどはシール再現。

ライフルはモナカ構成となっております。

 

CIMG5920

バックパックのウィングを外すことでシールドとライフルを背中にマウント可能。

CIMG5922

ガンキャノンの様に射角を前に向けることができます。

CIMG5921

左右のウイングは腕に取り付けることができ・・・

 

CIMG5924フェニックスバースト!

ウイングの側面にクリアパーツを取り付けています。

このフェニックスバーストだけポージングも説明も厨二っぽくてワクワクします。

『光の鳳凰』『最強の技』など・・・ユウ君も男の子だねぇ(*’▽’)

 

CIMG5926

細いプロポーションなのにガワラ立ちが素敵!

腕の微妙な表情づけが気もちいいです。

 

CIMG5937

CIMG5929

CIMG5930

CIMG5935

CIMG5936

 

何枚かポージングを。

いやぁ・・・かっこいい(ウットリ

 

CIMG5931

キットには入っていませんがサーベルを装備。

今回のライトニングさんは握り手のみ、サーベルなしと少し小物が少ないのが残念なところ。

 

CIMG5934

ビルドナックルズを左手に装着。

少し硬めなので角度を付けて飾る時はねじらない方がいいかと思います。

 

CIMG5933

最後は後ろ下方から。

後ろ姿が美しいMSですよね・・・ゼータ。

 

 

サーベル、ハンドパーツなどが少し寂しいですが可動やプロポーションなど本当にかっこいいキット。

 

冒頭でも書きましたが子どもの頃初めてゼータを持った時の様な感動を感じました。

 

可変しないZも・・・いや可変しないからこそ素敵!

そんなキットになっていますよ。

 

以上、ライトニングZガンダムの素組レビューでした!

,

 

 

 

 


「素組 HGBF ライトニングZガンダム サンプル  レビュー」への4件のフィードバック

  1. 可変 否!武骨一点集中 潔し!ライバル、サカイ ミナトのアイデアに触発されて カミキ セカイに壁を取り払われ、 メイジンから覚悟を教わり、イオリ セイの技術に驚愕して 強くなったコウウサカ ユウマのライトニングZガンダム 欲しいです。カミサンに頼んでみようかな

  2. コメントありがとうございます!

    作中のことを思うと、このライトニングZには色々な想いがつまっているんですね・・・やるなぁユウ君。

  3. ほぼフルスクラッチの二機を同時進行って凄すぎる。情熱が全てを超越する。まさにガンプラは無限だ!

  4. コメントありがとうございます。
    本当、一体どこにそんな時間が・・・すげぇなぁユウ君!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です