ジャンクキット高価買取(になりやすい)ポイント! 中古ガンプラ好評買取中!


CIMG8473

買取を始めて数か月・・・お陰様でたくさんの御依頼、買取をいただいております。

感謝に絶えません(/ω\)いや、もう本当に。

今回は『まだまだ買取を募集していますよ!』という告知と共に、買取の査定でのポイント的なものを記事にしてみようと思います。

ここを気にしていただけると、査定がよくなるかも?・・・的なお話しですよ(*’▽’)

主に素組、ジャンク系パーツについてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

素組キットやパーツなどを送っていただくとき、全体的にいえることは

分かりやすくなっていると査定がしやすい

ということです。

 

未開封とか未組立のキットなら多くの場合箱単位での買取になる場合が多いので査定がわかりやすい傾向にありますが、箱なしの場合が多い素組、ジャンク系のアイテムは最初に荷物を受け取った状態から査定が始まります。

 

買取は最終的に(当然ではありますが)販売することを目的とします。

 

なのでそのお預かりしたアイテムをどういう販売をするか・・・というところから考えるわけです。

その際、段ボール箱一杯になんの仕分けも一覧表もなしにパーツも素組も塗装済みも関係なしにぎゅうぎゅうに詰められていると、どうしてもそれは『箱一杯のジャンクパーツ』として査定が始まってしまいます。

 

仮にその中に他のパーツに紛れてPGユニコーンが1体組めるパーツが欠品なしで入っていたとしても、それは『PGユニコーンの未組立』ではなく『箱一杯のジャンクパーツ』として査定してしまいます。

ジャンクパーツとしての買取だとしても

CIMG9995

なんでもかんでも箱に入れるよりも

CIMG9996

『これはハンドパーツ』『これはバーニアパーツ』『これはウェポンパーツ』的な感じに(お客様主観でも構いませんので)区分分けがされていると、仮にひと箱の量が少なくても査定は高くなりやすいです。

(欲を言うと予めメモ書きなどでも一筆添えてくださると幸い)

 

 

素組、改造途中、塗装途中のキットなども同様で、一緒くたに全部箱に詰めるよりも区分分けをする、表を同封されているなどされると査定は高くなりやすいです。

判別がつかない状態でごちゃっと入っているとどうしても査定は低くなりがちです。

 

CIMG9994

こんな感じで入っているとジャンクなのか?素組なのか?パーツはあるのか?などの判断がパッと見で難しくなり、厳しい査定になりがちです。

これは袋の入れ方だけではなく、中のキットの状態にもよります。

梱包の関係上ばらなさなければいけないパーツがあるのはあるとは思いますが、組みかけのまま(たとえば腰パーツがパーツ単位でバラバラのまま)袋に入れられていると『パーツが足りなくてバラバラなのか』『パーツは全部あるがバラバラにしてあるのか』の判別が非常に難しくなってしまうのです。

CIMG9988

こんな風にできるだけ組んだまま、付属パーツは別にまとめるなどしてシンプルにまとめてあると、査定がやりやすく、状態の判別がつけやすくなります。

 

そのキットの袋を

CIMG9991

セロテープなどでも結構ですので貼り付けるなどしてひとまとめにしておいて下さると『あぁ、このキットは2袋でまとめられているんだな』などの判別がつけやすく、査定の判定が高くなりやすいです。

 

もちろん査定の段階で中身の確認はしますが、組立作業などは基本買取が終了してから行います。

なのでパーツがバラバラになっていると素組ではなくパーツ取り用のジャンクパーツとして査定する可能性があります。

もちろん腕パーツを外してあるだけとか、破損の可能性のありそうなアンテナパーツを外してあるなどであればもちろん組み立て済みのキットとして査定しますが、一部が1パーツ単位でバラバラになっていたりすると組み立て済みとしては査定しにくくなります。

CIMG9994

さらに薄手のビニールなどでくくってあると、パーツの破損、袋が破れることによるパーツの脱落につながります。

個包装をしていただいたのに、複数の袋が破れパーツが箱に零れ落ちて混ざり、判別が困難になった・・・などという悲しい事態になることも(/ω\)

CIMG9993

 

こんな風に梱包が影響して破損する・・・なんていうのも悲しいですよね(涙

元々破損しているならあきらめもつきますが、輸送中に壊れるのはつらいものです。

 

 

箱詰めをする際、大きな箱に一気に詰めるよりも小さな箱にアイテムを詰め、その小さな箱を大きな箱に詰めて送る・・・といった形にするとアイテムにかかる負担も減りつつ量をある程度詰めることができると思います。

 

『わかりやすい区分け、個別分けを行う』『何が入っているかわかりやすくする』『メモなどを添える』

などだけでも大きく査定に差が出ると思います。

 

あとはキットの状態、塗装済みにせよ素組にせよ組立途中のものよりも完成しているものの方が査定は高くなりやすいです。

 

どんなに工作をされていても、それが途中だと破損しているものとして判断することがあります。

 

またこれは査定とは違う話ですが、発送の際の段ボールの大きさ、涼などにも注目してください。

小さな箱を複数でおくればその分送料がかかります。

送料がかかればその分金がかかり、結果査定額よりも送料がかかった・・・では意味がありません。

80サイズの箱を4箱送るよりも140サイズ位の箱で送る方が安くつきます。

箱サイズなどではなく重さで価格が決まる配送方法もありますので、発送にかかる手数料もよくよくご検討ください。

 

 

 

もちろんどんな状態でも買取、引き取りは致しますが・・・やっぱりいいものは少しでも高く買い取りたい、素敵なものはその価値を正確に感じたいというのはお店としても常に思うところです。

 

 

 

 

当店まだまだ買取募集中ですので、是非是非ご利用くださいませ!

 

以上、プラモの買取査定について記事にしてみました!

 

 

→ ガンプラ、プラモの買取をご希望の方はコチラのリンクからどうぞ

,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です