アトリエしまね かたやまひろし 鬼瓦ガンダム 紹介


CIMG6676

 

この1枚で何も語らなくてもいいくらいの説得力が・・・。

アトリエしまねのかたやまひろしさんが作られた鬼瓦ガンダムがご厚意で当店の入り口に設置されています。

焼き物というだけですごいのに、このガンダムさんは本当に細かいところまで作られていて脱帽です。

この感動をうまく伝えきれていないのがもどかしいですが、組立中も併せて画像を撮影しましたのでご紹介!

 

 

CIMG6668

CIMG6669

CIMG6670

 

組立途中の画像・・・かなり細かくパーツ分けされていました。

パーツ分けもすごくて形もしっかりしているので、(あれ、これプラモ・・・プラモじゃない!)みたいな変な錯覚を感じてしまうほどです。

CIMG6673

CIMG6671

 

なんと作成はかたやまさん手ずから!

迷いなくさくさく組まれていきます。

CIMG6672

肩アーマーにはちゃんとインナーパーツが!

CIMG6674

かたやまさんと一緒にチーズ!

この大きさ・・・お分かりいただけたかと思います(笑)

ちなみに画像では肩がアーマーが入っていますが、かたやまさんにて後ほど外されました。

 

CIMG6679

CIMG6680

CIMG6681

CIMG6682

CIMG6684

何枚か角度や位置を変えて。

カメラ部分はアクリルで作られています。

頭部を持ち上げるとなんと発光ギミックが・・・!

(雨ざらしだったのでギミックがさびて動かないそうです、残念)

 

CIMG6690

肩にはWBの刻印が・・・!

モールドが非常に綺麗に入っています。

 

 

CIMG6698

頭部裏面。

 

CIMG6693

フレームが肩部に刺さっています。

拡張性という名の浪漫を感じます。

 

CIMG6696

背面アップ。

CIMG6699

1/144ガンダムと一緒に。

ただ大きいだけでなく、パーツ構成やデザインの細かさが素敵です。

胸の排熱ダクトまで別パーツだものなぁ・・・。

 

 

CIMG6703

変わって夜。

ウチの前には人感ライトがあるんですが、道路を走行する車にも反応します。

光に反応して目をやれば、そこに鬼瓦ガンダムさんが神々しく・・・!(笑)

 

CIMG6704

前から光を当てたところ。

 

CIMG6705

ちょっとアップ気味で。

 

この鬼瓦ガンダムは一定期間当店店頭に展示させていただいております!

興味のある方はお気軽にお越しくださいませ(*’▽’)

 

なおそんなかたやまひろしさんが関わっておられる三次風土記の丘で開催中の『海洋堂フィギュア展-たのしい””おまけの世界-』(7月1日~8月30日)。

 

なんと7日14時には宮脇修さん(海洋堂 館長)

9日14時にはBOMEさんが講演を行われます。

 

ご興味のある方は是非、店長ももちろん行きますよー!(‘Д’)

以上、鬼瓦ガンダムのご紹介でした!

,

 

 

 


「アトリエしまね かたやまひろし 鬼瓦ガンダム 紹介」への4件のフィードバック

  1. 凄いガワラ版では無く瓦版ガンダムとは恐れ入りました。大きさ的には1/12に匹敵さますね。

  2. コメントありがとうございます!
    本当インパクトがあるんですよ・・・・(*’▽’)

  3. この鬼瓦なら あのマクベ様も誉めてくれる!w

    コンッ!!

    『良い音色だろ?』( ´,_ゝ`)♪
    (注:叩いちゃ ダメ!絶対!)

  4. マ・クベ様も認めざるを得ませんね!

    叩きたいというか、拝みたくなる空気を醸し出しています(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です